TOPへ

プリモ個別指導塾|千葉県松戸市新松戸の個別指導塾

プリモ個別指導塾は松戸市の小金中学校・新松戸南中学校のお子さま専門塾です。

ブログページ

新松戸の塾!プリモが教える自己最高点が取れる国語のテスト勉強法

国語_banner

国語の勉強方法

国語のテスト勉強は以下の手順でおこないましょう。

●1ヶ月間の前半で取り組む勉強
1 漢字・語句の暗記
2 教科書の読みこみ

●1ヶ月間の後半で取り組む勉強
3 文法事項の理解 (1ヶ月の後半で取り組む勉強)
4 問題演習 (1ヶ月の後半で取り組む勉強)

 

1漢字・語句の暗記

まずはテスト範囲の漢字・語句を暗記します。漢字は教科書に出てくるもの、中学校から配布されている漢字ドリルの提出範囲のものを覚えます。覚え方は英単語と同様のノートを作成し、毎回テスト形式で行っていきましょう。同じ漢字を何回も書いていく方法はやめましょう。
 

2教科書の読みこみ

テスト範囲になっている教科書の文章を読みこみます。国語は読解力が重要と言います。確かに読解力は重要ですが、定期テストの場合、初見の文章が出てくることはほとんどなく、教科書の文章から出題されるわけですから、文章のあらすじや、文章を理解する上で基本となる要素を暗記してしまえば、読解力がなくても点数が取れるのです。
それぞれの文章を読んでいて、次の展開がわかってしまうぐらいまで読みこみましょう。人によって覚えてしまう回数は変わると思いますが、読むといっても、ただ読むだけではだめです。読む時には、以下の点をノートに書き出しながら読んでいくとさらに文章全体の理解が深くなります。

【説明文・論説文の場合】
① その文章のテーマを探す
説明文・論説文はある事柄について筆者が説明もしくは自分の持論を展開している文章です。このような文章では最低限、「何について説明しているか」というテーマを捉えなければなりません。テーマの探し方は簡単です。テーマとなっている語句は文章中に何度も出てきます。頻繁に出てくる言葉を探すことでテーマは見つかるはずです。
②形式段落の中心文を探す
説明文・論説文は難しい言葉が出てきて、読みにくいと思われがちですがその文章構成は簡潔に書かれています。文章の概要を理解するために、形式段落ごとの中心文を探していきます。中心文というのは、各段落で筆者が一番言いたいことが書いてある文です。自分が中心文だと思う一文に線を引きながら読んでいきましょう。中心文を探す時に気をつけたいのは、読解力がない人ほど読んでいてわかりやすい具体例に線を引いてしまいます。中心文は筆者が言いたいことが書かれている一文なので、例えば「抽象的」に書かれている文であったり、文の語尾に「〜と思う。」や「〜と考えている。」など筆者の気持ちを表す語句で終わっている文があたります。各形式段落の中心文が全て的確に捉えることができていれば、それを繋げると、その文章の簡単なあらすじになるはずです。自分で見つけた中心文を繋げて、違和感を感じたり、繋がらなかったら、中心文を捉えていないことになります。最初は難しいでしょうが、何回も読んでいくうちに中心文は見つけられるようになります。がんばってください。
③要旨を探す
その文章で筆者が一番言いたいこと「要旨」を探します。ほとんどの説明文・論説文の場合、文章の後半に中心文と同様、筆者の気持ちや考えを表す言葉で終わっている文があり、それが要旨となります。

【小説・随筆の場合】
①登場人物・場面・情景の変化を探す

小説は作者が書いたフィクションです。実際にあったことではないのでその文章に書かれている設定を読み解かなくてはなりません。まずは登場人物を探し出します。人名で書かれていれば簡単でしょう。しかし中には「私」目線で書かれた文章もあります。「私」という言葉が登場人物だったりしますので、気をつけて読んでいきましょう。次に場面・情景です。その文章の設定で「いつ」「どこ」がわかる言葉を探していきます。場面や情景は文章が進むにつれて変化する場合が多いので、文章のどこから場面や情景が変わったのかをしっかり読み取っていきましょう。
②台詞の人物を特定する
次に台詞、つまり「 」で囲われた文を言った人を特定します。台詞は小説を読み解く上で重要なヒントを与えてくれます。しかし国語が苦手な人ほど、実は正確に誰が言った台詞なのかわからないままに読んでいます。誰が言った台詞なのかをはっきりさせましょう。また台詞の近くに、登場人物の気持ちを表す言葉があることが多いです。それにも線を引いていくようにしましょう。
③主題を読み取る
主題は作者がその小説を通じて、何を読者に伝えたいかということです。①、②ができていれば高確率で主題もわかるはずです。ただし小説の主題探しの場合、文章内の情景、登場人物の感情を読み取れることと、「感情移入」できることとは違います。読み取れたとしても、「感情移入」ができていないと主題を正確に読み取ることができません。主題については、塾や学校の授業で学んだことを覚えるようにしましょう。
 

3文法事項の理解

1、2ができたら、テスト範囲の文法について整理をしておきましょう。こちらも英語と同様、教科書や参考書に書かれていることを丸写しをしないようにしてください。しっかり読んで、自分の言葉でノートにまとめていきましょう。
 

4問題演習

問題演習には学校のワークを使うのが最も効果的です。最低3回は反復して演習をしましょう。ただし、全ての問題を3回では非効率的です。1回目は全ての問題を解いて、間違えた箇所に印をつけておきましょう。2回目にはその間違えた問題だけ取り組みます。2回目でもわからなかった問題は、もう一度自分の作成したノートや文法事項のまとめなどを見返してわかるようにしておきます。最後に3回目として、もう一度全ての問題に取り組み、抜けがないか確認しましょう。
 

国語のテスト勉強で気をつけたいこと

冒頭に書いたように、定期テストの国語は読解力に自信がなくても、範囲にある教科書の文章を暗記してしまえば高得点をとることができます。問題演習をやっていると気づくと思いますが、それぞれの文章で問題として出題される箇所は決まっていることが多いです。問題演習をしながら、教科書も開いて、「あ、ここの部分だな」と確認しながら、最後にその箇所をもう一度読みこむようにするとさらに効果が上がります。頑張ってください。

2021年05月14日 15:55

小説が驚くほどわかるようになる国語の勉強法

1

新松戸|プリモ個別指導塾の石垣です。本日は国語の勉強法第3弾。小説の読み方です。第1弾で「読書は国語の読解力をあげない」と書きました。しかしながらこの小説の読解においては読書量の多い方が圧倒的に有利です。なぜなら、様々な作品を読破している人ほど経験値が高いので、感情表現や情景の読み取りに長けているからです。でも大丈夫!普段読書はしないキミでも訓練次第ではスラスラと問題が解けるようになります。

小説の読み取るための勉強法

感情的な読み取りに関しては、題材の小説のほとんどが現代のものではないので、昔の慣習や文化を背景にした感情を、現代の小中学生には読み取ることが難しいケースがあります。それを解消するのが普段からの「読書」です。日頃から読書をしておくことが小説を読む上で手助けになってくれることは言うまでもありません。それでは小説を読み取る勉強方法をご紹介します。

読みながら登場人物を探す

登場してくる人物を全て探します。ここで気をつけたいのは、実際には登場してこない会話の中だけに出てくる人物を含めないようにすることです。

下のような表をノートに作り、読みながら記入していく

表

一部国語が苦手な子は、「 」で括られた台詞を登場人物の誰が言っていることなのか? 全くわからないまま読み進めているとか、場面がはっきり書かれているのに、「主人公のいる場所はどこ?」との問いかけに全く答えられなかったりします。この方式をやることによって、登場人物の気持ち、場面・情景の流れ、主題がはっきりしてきます。またこの小説が、例えば登場人物の台詞によって感情を表現しながら展開しているとか、場面や情景の変化で小説全体の雰囲気を表しているとか理解できるようになってきます。問題集などの各設問の文章をこの表を使って読んでいくことによって、小説をかなり読めるようになってくるはずです。是非、国語の学習に取り入れてみてください。

2018年09月30日 10:16

説明文に強くなる国語の勉強法

1

新松戸|プリモ個別指導塾の石垣です。

先日アップしました国語の勉強法。今回は説明文・論説文の読解についてです。私が指導している生徒の大半が小説より説明文が苦手と嘆きます。しかし、説明文は小説よりはるかにカンタンに答えを導く事が出来るのです。なぜなら、説明文は筆者がある事柄・事象・論拠を読者にわかりやすく解説する文章です。ですから読み方さえ習得すれば、正解を容易に導き出せます。これから説明文の読み方をご紹介します。

その前に国語の問題に取り組む時の鉄則をひとつ。必ず筆記具を持って読みましょう。

論説文はカンタンに読める

まずは本文を読みましょう。読みながら形式段落に番号をつけましょう。

テーマを見つける

その文章は何について書かれているのかを掴みましょう。文章の中で頻繁に同じ言葉が出てきますのですぐにわかります。

接続語・指示語に印をつける

接続語・指示語があったら、線を引く・丸で囲むなどして印をつけておきましょう。接続語については前後の関係がどのような時に使われるのかは予め学習しておきましょう(順接・逆接・添加等)これらは特に段落構成を捉える上で、役に立ちます。指示語については、その指示語の前に書かれていることを指している場合が99%です。何を指しているのかを考えながら読むと内容理解に役立ちます。

具体と抽象に分ける

論説文は説明している事柄や筆者の考えを書いている抽象的な文と、それを読者に分かりやすくするために具体例の文に分ける事ができます。例:自然を大事にしなければならない(抽象) 以前、木を伐採された山で土砂崩れが起きて被害が出た(具体)。読みながら、抽象だと思われる文に線を引いていきます。これには少し訓練が必要ですが、まず最初は『この文は身近な事だな』と具体部分を見つけ、『当てはまらない文が抽象だ』という感じでよいと思います。正確に抽象部分を抜き出すことができるようになると、それらを連ねていけば、その文章の要約ができるはずです。時間があれば要約にチャレンジしてください。もしも、自分が考えた抽象の部分を連ねていって、要約文がおかしな文章になってしまったら、正確に抜き出せていないということになります。

慣れてくると、ここまでは1回読むだけで同時進行でできます。説明文の問題を解く際、理解しないとならない要旨・段落構成・要点・具体例がこれで捉えやすくなります。ぜひ普段の学習の中に取り入れて見てください。

2018年09月28日 09:52

国語がみるみるできるようになる勉強法

1

新松戸のプリモ個別指導塾 塾長の石垣です。国語を勉強する方法として、『本を読みなさい』とよく言われます。でもこの方法で定期テストの点数が上がったというのを、私は聞いた事がありません。国語は、漢字・語句を覚える事は別にして、勉強法がわからない方が一番多い科目だと思います。実際、学習塾などで国語をしっかり教えられる講師は、ごく一部である事も事実です。ここでは国語の勉強する前の留意点をお話しします。

『本を読めば国語ができるようになる』はウソ

実は多くの方が読書で養われる『読解力』の定義を広く捉え過ぎています。読書によって養われるのは、登場人物への感情移入、共感、場面や情景などの想像力です。この力は国語の問題を解く上で重要な力なのですが、この力だけで正解は導くことができません。なぜなら読書である以上、この感覚は全てが正解だからです。ひとつの小説でも読む人によって捉え方は様々あっていいですよね。しかし学校での国語は単一の解答、登場人物の感情は□□、場面・情景は○○、という答えを探し出す力が必要です。

文章を分解して読む

国語の問題には、正解を導き出す公式が存在します。しかし数学のように『一次関数はy=ax+b』と暗記すればOKという類いのものではありません。正解を導き出す公式をどう覚えていくかが、国語の勉強法になります。文章別勉強法については別の記事でご紹介したいと思います。

2018年09月27日 09:55

松戸市新松戸

プリモ個別指導塾

〒270-0034
千葉県松戸市新松戸6-68-1
恩田ビル202

047-347-2890

受付時間 15:00~22:00
土日を除く

モバイルサイト

プリモ個別指導塾スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら

公式LINE友だち追加はこちら 友だち追加
お気軽にご相談ください
047-347-2890

受付時間 15:00~22:00 (土日を除く)