TOPへ

プリモ個別指導塾|千葉県松戸市新松戸の個別指導塾

プリモ個別指導塾は新松戸・南流山に住むお子さまのための専門塾です。

勉強に役立つ情報満載!
PRIMO BLOG

定期テストが近づいてきた!自己最高点を取るための勉強法!

4608815_s

塾講師と先輩が教える!
結果を出す効果的な勉強法!

さあ、もうすぐ定期テストです。
 

「テストといっても、何を勉強して良いかわからない!?」
 

そのためにテスト前とは言っても、学校から提出物として指定されたワークをやっているだけ。
 

そんな人は多いのではないでしょうか。

それでは決して良い結果は出てきません。
 

そんな人のために塾の先生と塾を卒業した先輩が、
 

「テスト前はこうやって勉強すれば、しっかり準備ができますよ!」
 

という勉強法を教えます。
 

きっと参考になる勉強法を紹介していますので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

 

テスト勉強とは

テスト勉強で一番大事なことは「時間を管理する」ということです。

テストはおよそ1ヶ月後。アナタはその時に、テスト勉強を終えて「準備OK」の状態になっていないといけません。テストのある日から1週間も先にテスト勉強が終わっても意味がないのです。

では「時間を管理する」にはどうすればよいか。

それは、「計画を立てる」ということです。

1ヶ月の間、毎日のように「今日は何をしようかな」と考えるのでは、それだけで時間を費やします。

先に計画を作ってしまえば、あとはそれに従ってやるだけです。

しかし計画と言っても、

「何時間やる」とか、「○時〜□時まで勉強」 という計画は意味がありません。

なぜなら自分で決めた学習時間で成果(○が理解できたとか、□が覚えられた等)がない時、どうするのかを考えていないからです。
このタイプの計画は勉強ではなく「作業」になってしまうケースがほとんどです。計画した時間が終わると

「あ〜、勉強した。」

となってしまい、そこで終了!でも何を身につけたことがない・・・

アナタはそうなっていませんか?

「何に取り組み、いつまでに完成させる」

という計画がテスト勉強には必要です。

ぜひ作ってみてください。

「何に取り組み、いつまでに完成させる」に主眼をおいた計画表のテンプレートをご用意しました。

ダウンロードをして使ってみてください。

>>計画表のダウンロードはコチラ
 

それではここから、各科目毎の効率的な学習法をPRIMOの先生と君たちの先輩が紹介します。


各科目のテスト勉強法のリンクがはってあります
▼見たい科目をタップしてください。 ▼

>>塾長が教える効果的なテスト勉強法【英語編】

>>ともこ先生が教える効果的なテスト勉強法【数学編】

>>塾長が教える効果的なテスト勉強法【国語編】

>>ともこ先生が教える効果的なテスト勉強法【理科編】

>>キミたちの先輩が教える効果的なテスト勉強法【社会編】

 

ブログ版には掲載されていない勉強法も!PDF版無料で配布中!
じっくり読みたい方はダウンロードしてください。
▼ダウンロードはコチラから▼

定期テストで自己最高点をとるための効果的な勉強法

2021年05月19日 13:36

新松戸の塾!プリモが教える自己最高点が取れる理科のテスト勉強法

理科
理科のテスト勉強は以下の手順で行いましょう。

1.教科書を読み、その単元で何を覚えなければいけないのか確認する
2.学校の課題ワークや問題集を使って問題演習を行う
3.できなかった問題・わからなかった問題は解説を読んで理解する
4.もう一度問題を解き直す  

どの科目にもあてはまることですが、理科は特に「繰り返し問題を解く」のが効果的です。なぜなら「理科は出題される問題がだいたい決まっているから」です。

社会と同様に理科は暗記科目と言われるため、重要な用語を暗記すればよいと思われがちですが、暗記だけ頑張っていても点数が伸びません。
問題でどのように出題されるのか、どんな問題がよく出るのかを問題演習を通してつかむことが大切です。
 

1.教科書を読み、何を覚えなければいけないのか確認する


試験範囲で指定された教科書のページを通して読むのではなく、単元ごとの短いページに区切って教科書を読みます。
(学校の課題ワークの上のほうに「教科書◯ページ~△ページ」と書いてありますので、そのページで区切って読むのが良いと思います。)
ここで大切なのは、太字で書いてある重要な用語だけを覚えるのではなく、教科書に載っている写真や図もしっかりチェックすることです。
理科の問題はほとんどの問題で図がセットで出題されますよね。本文に書いてあることと写真や図を結び付けて覚えていくようにしましょう。
 

2.学校の課題ワークや問題集を使って問題演習を行う


次に教科書で確認したことをどれだけ覚えているか、問題を解いていきます。
ここで大切なのは、わからない問題が出てきた時、ある程度考えてわからなければ飛ばして次の問題に進むことです。
いくら時間をかけてもわからないものはわからないとしていかないと、とても時間がかかってしまいます。
わからないものは後で覚え直せばよいだけなので、解答欄に空欄が多くてもここではあまり気にしなくて大丈夫です!

3.できなかった問題・わからなかった問題は解説を読んで理解する


できなかった問題・わからなかった問題は解説を読み、その問題を解くのにどう考えないといけなかったかを確認しましょう。
「解説を読んでもわからなかったけど、とりあえず答えを暗記しよう!」では短期間は覚えられるかもしれませんが、数日たってしまうとおそらく忘れてしまいます。
解説を読んでもわからなかった場合は、学校の先生や塾の先生に質問して疑問を解決しましょう。
 
一口に「理科」と言っても、生物・地学は覚えるだけで解けるものもありますが、化学・物理のような数字や計算問題が出てくる分野は数学同様に解き方を理解してから問題を解く必要があります。
1学期の試験範囲が中学1年生は生物、中学2年生は化学、中学3年生は物理の単元なので、中学2・3年生は数字が出てくる問題は解く前にしっかり解き方を理解してから問題を解きましょう!
 

4.もう一度問題を解き直す


できなかった問題・わからなかった問題の疑問が解決したところで、もう一度同じページを解き直してみましょう。
たくさんのページが試験範囲になっていると思うので、1単元につき1回の解き直しをしたら次の教科書のページに進みましょう。
暗記科目はじっくり長時間取り組むよりも、間をあけて何回も取り組むほうが効果的です。
なぜなら、覚えたことを忘れそうなときにもう一度思い出せれば、すぐ忘れなくて済むからです。
理科の勉強をする時の最初は「前回の復習」として、「前回やった単元を解き直す→忘れていないかチェック(忘れていたらもう一度覚え直す)→新しい単元に進む」としても良いと思います。
 

理科のテスト勉強で気をつけたいこと

 
これは理科に限ったことではありませんが、学校の課題ワークや問題集を解くときに答えが分からないからと言って教科書やノートで調べたことをそのまま書いて丸を付ける人がいるようですが…これはやめましょう!
 
その丸は「自分の力」ではないですよね?
丸を付けてしまったら「間違えた問題を解き直す」時にスルーされてしまいますよね?
そのままテストを受けたら、正解できるかわからないですよね?

「テストが近くなってきたのに学校の課題ワークが終わらない」という人も、覚えることと解くことを同時にやろうとしています。
覚えていないうちに問題演習をしようとすると当然分からない問題ばかりなので、結局「もういいや、答えを写しちゃおう」ということになりがちです。

「覚える」と「解く」は「混ぜるな危険!」です。
 
また、「テスト勉強でワークも何度も繰り返したのに、思ったほど点数が取れなかった」という人は、繰り返す回数が足りないのかもしれません。
理想は「スラスラ解けるまで」!
目安は3~5回くらい繰り返し解いて「もう問題を覚えちゃったよ!」となるくらいまで、しつこく同じ問題を繰り返し解いてみてください。きっと今までより点数が伸びるはずです!
2021年05月17日 16:09

高校入試のための効率的な理科の勉強法

profile

新松戸のプリモ個別指導塾です。理科の勉強は暗記の面と数式を解く面と2つの勉強を取り入れる事が重要です。いわば、社会の勉強方法と数学の勉強方法を合わせて学習していきましょう。主に生物・地学は暗記系、物理・化学は理解が必要な計算系と分けて勉強していった方が良いと思います。公立高校入試では、理科の場合、必ずと言ってよいほどほぼ毎年、出題されている分野がありますので、まずはこれらの分野に絞って、しっかり学習して得点源にしていきましょう。

範囲を絞って勉強する

毎年、理科の公立高校入試問題はそれぞれの分野がまんべんなく出題されているようになってますが、毎年、必ず出題されている範囲があります。余程の上位校を志望している人は除いて、入試問題は100点を狙うテストではなく、合格できる点数を取るテストですから、毎年出題されている範囲をしっかり学習しましょう。

千葉県立高校入試問題(前期) H26〜H29年度で毎年出題されている分野

物質の特性・器具の使い方  電流と電圧(オームの法則)   原子と分子(化学反応式)   電気分解とイオン

これらを見るとそのほとんどが計算系になっています。まずは基本をしっかり押さえるために、基本的な問題を繰り返し行っていきましょう。しかしながら、気をつけたい事は高校の入試問題では一問一答形式は少なく、実験・観察についての問題が多くなります。問題集や過去問にある実験・観察の図と用語、結果等をセットで覚えておくと実践で役立ちます。

理科は入試において重要な科目

高校入試では「理社が合否をわける」と言われています。英・数・国のような理解科目ではほぼ同一の学力を持つ中では大きな差は開きません。理社は中学の学習で最後まで後回しにされる科目です。同学力の間でもやった人とそうでない人との点数差はとても大きくなります。暗記科目だといって決して後回しにせず、英数国同様の学習時間をとって、対策することをオススメします。

2018年12月19日 08:41

定期テストで80点が取れる理科の勉強法

c34f68b5c38a5795c6d1bec613f63e38_s

新松戸|プリモ個別指導塾の石垣です。本日は理科の勉強法。理科は暗記しなければならない分野と、理解を必要とする分野が混在している科目です。でも定期テストでも入試問題でも理科は特有の問題傾向があります。これをおさえて普段から勉強しておけば、理科は得意科目になるはずです。その方法をご紹介します。

理科は必ず図と用語をセットで覚える

理科はテストでそのほとんどが学校で行った実験の内容とその結果を問われる問題がほとんどです。しかもその問題はテストでの配点が高いことが多いです。ですから暗記をするにも、ただ用語を覚えるのではなく、問題集に載っている実験の図と、それに関連した用語をセットで覚えた方が、正解しやすくなります。

まずは一問一答で用語を覚える

まずは問題集や学校のワークを使って用語を覚えましょう。一問一答式の基本問題で構いません。このような時あなたはどうやってますか?よく見かけるのが、わからないところがあると、問題集の解説ページや教科書を見て答えを探し、記入するパターンです。これは良い方法とは言えません。確かにやっている本人にとっては勉強をしている実感は感じられるのですが、一問解くのに時間がかかるため、最後の問題を解く頃には最初を忘れています。

私がおススメしているのは、「わからない問題は答えをみて書け」です。一問に時間をかけず、わからないものは答えを見て書く。但しそれを100%出来るようになるまで繰り返して下さい。この方法ですと、必ず覚える事ができます。

用語と図をセットで覚える

用語を大方覚える事が出来たら、次は実験図とセットで覚えるようにします。例えばこんなかんじです。

64BF46D4-F985-48D0-BCB5-D866645E365D-150x150

※ アンモニアを集める実験 :塩化アンモニウム、水酸化カルシウム、上方置換、空気より密度が小さい、水溶液アルカリ性

実験図と用語をセットにしてノートにまとめておいて、これを覚えていけば、用語の関連性もわかります。ぜひ試してみてください。また理科の実験は、ある事柄を実証するために行います。たとえば植物の蒸散を実証する実験。Aの葉は表側のみワセリンを塗る。Bの葉は裏側のみワセリンを塗る。Cは何も塗らない。この実験でA・B・Cそれぞれの蒸散量を計測するのですが、これは植物はどの場所から一番多く蒸散するのか?を検証しているわけです。この実験のそもそもの目的がわからないと、このような実験を問題にされてもなかなか答えられません。ですから、そもそも実験が何を検証しようとしているのかもしっかりおさえておきましょう。

2018年10月07日 02:49

松戸市新松戸

プリモ個別指導塾

〒270-0034
千葉県松戸市新松戸6-68-1
恩田ビル202

047-347-2890

受付時間 15:00~22:00
土日を除く

モバイルサイト

プリモ個別指導塾スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら

公式LINE友だち追加はこちら 友だち追加
お気軽にご相談ください
047-347-2890

受付時間 15:00~22:00 (土日を除く)