TOPへ

プリモ個別指導塾|千葉県松戸市新松戸の個別指導塾

プリモ個別指導塾は松戸市の小金中学校・新松戸南中学校のお子さま専門塾です。

ブログページ

結果を気にしないとやる気が上がる!

profile

新松戸のプリモ個別指導塾 塾長の石垣です。もうすぐ中学校では中間テストが行われます。そして1週間もたたないうちにテストの結果が返ってきます。この時の保護者の方のお子さんに対する対応が、お子さんのやる気に大きく影響しているというお話です。

テスト結果に過剰な反応をしない

お子さんがテストの結果を持って帰って来た時、皆さんはどういう対応をしていますか?100点を取ってきたらどうしますか?20点だったらどうでしょう?

実は、良いも悪いも点数に対して過剰な反応をしない事がお子さんのやる気を上げるには重要です。勉強は継続することで学力が伸び結果が出てきます。ですから良い結果を出すためには、お子さんが毎日勉強する事が大事で、やる気もそのために上げるのです。

親の関心はプロセスにあると思わせる

お子さんは親が何に関心があるのかとても敏感に察知しています。

もしも親が結果について過剰な反応をしていると、お子さんは「親は自分のテストの結果に関心がある」と考えます。

この場合、勉強を自発的にはしない子になります。なぜなら親は自分の普段の学習(努力)には関心がなく、結果だけに関心があるのだと考えるからです。

ポイントになるのは、お子さんのテストまでのプロセス・毎日の努力が、最大の関心事であることをお子さんに伝えて行くことが、お子さんのやる気を上げるのです。 

私は生徒たちのテスト結果を知った時、

「○○点取れる努力をしたんだね。がんばったね。でも目標には届いてないから、次のテストまではどうがんばる?」

というような声かけをしています。そして次のテストまでの日々の努力目標を自ら立ててもらい、それを行っている事に最大の賛辞を生徒に伝えます。これを続けると生徒は、普段の学習を自らやり始めるようになるのです。

お子さんの努力が最大の親の関心事。これをお子さんに理解させることがやる気を引き出すのです。

2018年09月24日 08:14

勉強が苦手なお子さんはほめればやる気があがる。

profile

新松戸のプリモ個別指導塾 塾長の石垣です。「勉強が苦手なお子さんのやる気を上げる接し方」としていくつかご紹介していますが、今回は「褒める」について。

 

 

当たり前を褒める

お子さんの勉強のやる気を上げるには、「褒める」事が重要です。

前回ご紹介しましたお子さんを

「認める」⇒「承認」

するには「褒める」ことがとても重要です。 ⇒ 勉強が苦手なお子さんは認めることでやる気が上がるはコチラ

しかし時折、私が教える保護者の方が時折、こんな事を言います。

「ウチの子は、ロクな事をしないから褒めるところがない」と。

下の図を3秒間、見てください。皆さんはどこに興味が向かいましたか?

20180917blog_image

ほとんどの方が円の空いている部分に目線がいってしまったと思います。

人は「特異」な部分に興味・関心がいきがちです。

人は行動の99%は正しい事をしています。

でもその行動が当たり前過ぎて関心を寄せられないのです。そして残りの1%である悪い行為に関心が向かい、つい怒ってしまったりするのです。

私は塾生たちに

「きちんとノートと筆記用具を準備してくれたんだね。ありがとう。」
「今日が先生との授業だって覚えていてくれてありがとう。」

など、当たり前だと思うことに絶大な褒める言葉を言います。

中学生はさすがに「当たり前でしょ。」と恥ずかしがったりしますが、こんな声掛けが彼らのやる気を引き出している事は実感できます。

お子さんが幼少の頃、当たり前の事がひとつずつできるようになってきた頃を思い出してみてください。

こうして当たり前のことを褒め、お子さんを認めてあげることでお子さんは保護者の方々から認められているという実感をもつようになり、それが自分に対しての自信につながり、嫌いな勉強にも向かっていけるようになってきます。

2018年09月17日 09:58

勉強が苦手なお子さんは認めることでやる気が上がる

profile

お子さんの意志を認めてあげる

新松戸のプリモ個別指導塾 塾長の石垣です。今回は「勉強の苦手なお子さんのやる気を上げる接し方」のひとつをご紹介します。

 

例えばとても疲れたお母さんが夕食を作るのも億劫で、昨日の残りのカレーで済ませたとします。するとご主人が

「なんだよ、今日もカレーか。今日は魚が食べたかったのに、ちゃんとしろよ。」

これで、夫婦喧嘩勃発ですよね。でも、

「今日もカレーか。疲れてるんだね、大丈夫?でも明日は魚にしてね。」

これならどうでしょう?

人は、他人から認めてほしいと思っています。

前者のように自分の疲れている状況を認めてもらえず、要求ばかりされるとやる気を失います。

しかし後者の言い方ですと、ご主人は自分の要求は言っているものの、疲れているお母さんの気持ちを認めています。

優しいお母さんなら明日の食卓にはお刺身が出てくるかもしれません(笑)。

 

お子さんの意思を承認する

9c010f2d45939d24df714e2d2b16c941_s

 他人の意思を認めることを心理学では「承認」と言います。自分の意思を無視されると人はやる気を失います。

他人から「承認」してもらえるとやる気がでてくるのです。

お子さんが勉強をしない時、

「なにやってるの!早く勉強しなさい!」

とくりかえし叱れば、お子さんは親に一切の承認を得ていませんので、勉強に対してやる気を失っていきます。

「部活で疲れてるよね。でも勉強してほしいな。がんばろ」

こんな声かけはどうでしょう。

お子さんは自分の気持ちを親は「承認」していると感じますから、このような「承認」を繰り返すことによって、少しずつ勉強に「やる気」が出てきます。

お子さんの意識を強制的に変えようとしてもダメです。

お子さんの意思を「承認」して、行動を規制する。

これが「やる気」アップの近道です。

 

2018年09月15日 10:04

勉強が苦手なお子さんのやる気を上げる接し方

IMG_8384

やる気をなくしたのはお子さんのせいじゃない

プリモ個別指導塾の石垣です。

勉強ができるようになるには「やる気」が重要ですよね。でも小・中学生のお子さんをお持ちの保護者の方々からよく聞くのは、「ウチの子は全然やる気がない」です。なぜお子さんは勉強に対してやる気がないのでしょう?どうすればお子さんのやる気を引き出すことができるでしょう?

まず知っておきたいのは、お子さんは自分からやる気をなくしたのではありません。お子さんを取り巻く周りの人たち、友達、親、学校・塾の先生・・・との関わりの中でやる気をなくしていったのです。ですから、保護者の方々のお子さんに対する接し方が少し変わるだけで、お子さんは勉強に「やる気」を出して取り組むようになります。

今後、何回かにわけてその接し方についてご紹介したいと思います。お子さんの勉強でお困りの保護者様の手助けになればと思います。ぜひ実践してみてください。

2018年09月14日 16:37