TOPへ

プリモ個別指導塾|千葉県松戸市新松戸の個別指導塾

プリモ個別指導塾は松戸市の小金中学校・新松戸南中学校のお子さま専門塾です。

ホーム勉強に役立つ情報満載! プリモブログ ≫ 2学期は難しい!? 次学期に向けた準備をしよう! ≫

2学期は難しい!? 次学期に向けた準備をしよう!

tomo_teacher
プリモでは8月16日より夏期講習の後半が始まります。
前半の3週間が終わりましたが、どの学年も前半は復習中心でした。
後半の2週間は復習に加えて、2学期に向けての予習も進めていきます。
 
小学生も中学生も、実は2学期が大切なのです!
なぜならどの学年も「カギ」となる単元がたくさん控えているからです。
 
小学校は算数で例を挙げると・・・
小3はかけ算の筆算(2けた×1けた、3けた×1けた)、小数のたし算と引き算
小4はわり算(2けた÷2けた、3けた÷2けた)、長方形と正方形の面積の求め方
小5は倍数と約数、分母が異なる分数のたし算と引き算、面積の求め方(三角形など)
小6は比、速さの表し方(道のり・速さ・時間の関係)、比例と反比例
 
中学校は数学で例を挙げると・・・
中1は方程式の解き方、比例と反比例、平面図形
中2は一次関数、図形と証明
中3は二次方程式、相似、三平方の定理
 
小学校の単元はどれも中学校の基礎となるものばかりです。
中学校の単元も一つ前の学年で習ったことの応用となるものが多いです。
(加えて中学校はどの学年も、数学だけでなく英語も難しくなります。)
IMG_0289
 
特に中1は要注意!
1学期は中学校の勉強に慣れるためにゆっくり授業が進むこともありましたが、2学期は授業が進むスピードが速くなり、内容も難しくなります。
 
・・・とここまで読んで「え~、もっと難しくなるの?!」「ついていけるか不安…」と思った人も多いかもしれません。
決して脅しているわけではないのです。2学期に「重要な単元が出てくる」ことを知っておいたうえで、良いスタートダッシュを切れるように、これから2学期の準備もしていきましょう!
 
以前もどこかに書いたかもしれませんが、苦手なものはそれに「出会う回数」が重要です。
苦手だからと言って1日何時間もかけて取り組むより、毎日短い時間でも取り組むほうが記憶に残りやすいからです。
毎日でなくても1日おき、2日おきに同じような問題に出会うと、脳が「またこの問題か!」「これはそんなに重要なことなのか」と受け取ってくれて、脳の「重要BOX」に保存しておいてくれるそうです。
脳が覚えたいことをこの「重要BOX」に入れてくれれば、私たちはそれをパッと取り出しやすくなるので、問題を解くときに役立つというわけです。
 
中学生に多いのですが、1度解いた問題はもうやらないという人がいます。
課題のワークも1度解いて満足してしまうのだと思います。
でもそれではもったいない!
新しいことを1回で覚えられる人は少ないですし、覚えられたとしても時間が経ってしまうと忘れてしまうことが多いですよね。
問題を1度しか解かないのは、せっかく解いた時間と労力がなかったことになってしまいます…。
 
プリモではこれらの理由から、小学生は授業で学習した類題を、中学生は授業で学習した問題の解き直しを宿題にしています。
そうすれば小学生は、
(1回目)プリモの授業で習う→(2回目)宿題で類題を解く→(3回目)学校の授業で再び習う
となり、最低3回は同じ単元に「出会う」ことになります。
中学生はこの流れに加えて、
(4回目)テスト前にワークで解く→(5回目)テスト前に実践問題で解けるか確認する
となり、最低5回は同じ単元に「出会う」ことになるのです。
 
1学期に自分の目標に届かなかった人はぜひ、同じ問題を何回も解いてみてください。
解く回数を重ねるたびに、「あれ、これはどうやってやるんだっけ?」と思う時間が減っていき、問題を読むだけで考え方や答えが浮かんでくるようになりますよ!
 
「何回もやったから問題と答えを覚えちゃった!」という人には類題をプレゼントします!
 
 
2019年08月16日 13:17

松戸市新松戸

プリモ個別指導塾

〒270-0034
千葉県松戸市新松戸6-68-1
恩田ビル202

047-347-2890

受付時間 15:00~22:00
土日を除く

モバイルサイト

プリモ個別指導塾スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら

友だち追加はこちら 友だち追加