TOPへ

プリモ個別指導塾|千葉県松戸市新松戸の個別指導塾

プリモ個別指導塾は松戸市の小金中学校・新松戸南中学校のお子さま専門塾です。

ホーム ≫ 中学生コース ≫

プリモ個別指導塾
中学生コース

中学生に求められるもの

d15cc5f8eb16e05d5bce91845e5a8f3e_s

中学生はその学校生活の中で、勉強の結果を常に求められます。

各教科とも教科書の内容理解をもとに問題演習を行い、定期的に学習内容の習熟度テストで確認していきます。
日頃から学習を少しずつ積み重ねていくことで学習内容の定着を目指します。
近隣中学校の試験範囲に合わせた定期テスト対策講座で、約2か月に1回ある定期テストに向けて対応できるようにします。

 

中学生の数学

中学生の数学は基本事項を押さえるだけでなく、その意味を理解し、それをどのように使っていくのかを身につけることが重要になります。
学校の定期テストで好得点をとるためには、まずは基本事項をしっかり押さえることです。基本事項を押さえれば平均点以上は間違いなく取れるはずです。
そのためにも問題演習を重ねていくことが大切で必要なことです。簡単な問題なら、それほど基本事項を理解していなくても解けてしまいますが、実は難しい応用問題、発展問題ほど基本ができていないと解けないものです。当塾では知識だけを頭に入れる(インプット)だけでなく、知識を使ってどう問題を解いていくか(アウトプット)を演習していくことで成績アップをねらいます。

中学生の英語

英語で好得点を取るために最低限必要なことは単語を覚える事と教科書本文をしっかり理解することです。今後、日本の英語教育は「書く」「読む」「聞く」だけではなく、そこに「話す」を加えた4技能を求められるようになります。単語や教科書本文を覚えていくのに、ただやみくもに書いたり、読んだりするだけでは覚えられません。音源使って聞いたり、その後を自分で言ってみたりしながら、発音とスペルのつながりを覚えていくことが大切です。当塾では耳や声から学んだ英語のフレーズと文法事項の組み合わせのバランスを重要視し、単なる文法学習だけではない指導を行っています。

中学生の国語

中学生になると小学校と比べ、はるかに難しい文章を読み解かなければなりません。小学校の国語では、読書好きのお子さんはその感覚だけで読み解けてしまうケースが多々あります。しかし中学校ではそうはいかないのです。小学生の時は国語で困ったことはなかったのに、中学に入った途端に苦手になったというのは、それまでお子さんの感覚だけで読んでいたからです。
テストでは答えはひとつしかありません。その答えを導き出すロジックが実は国語にも存在します。当塾ではこの方法を指導し、身につけていってもらう指導をしています。

中学生の理科

理科は物理・化学分野と生物・地学分野において、その勉強方法を変える必要がある科目です。物理・化学分野は計算が入ることが多く、それは前述の数学のような勉強方法が必要となります。生物・地学は主に暗記になりますが、理科の場合、実験図と繋げて暗記をしていくと、よりテストでの好得点につながるようになります。当塾では様々な問題に取り組んでもらうよりも、同問題を繰り返し、覚えるまで解いていく反復指導を行っています。

中学生の社会

中学生の社会は小学校で学んだ内容がベースとなり、さらに掘り下げて学んでいくようになります。覚えなければならない用語もたくさんありますので、地理であれば覚える用語を各地域に関連づける、歴史であれば、時代ごとはもちろんのこと、政治・文化・外交などに区分し、歴史を繋げて覚えていくことが効果的です。当塾ではそのようなつながりを重視したノートづくりも指導していきながら成績アップを狙います。
 

当塾の映像教材のご案内

 

 

中学1年生

学校行事・部活動・学習…今までとは大きく生活が変わりますので、まずは新しい環境に慣れることが必要です。
特に学習面では小学校と比べて学習内容は難しくなり、授業の進度も速くなります。
早いうちに学習習慣を身につけ、忙しい毎日の限られた時間を効率よく使うことが大切です。

中学1年生 受講コース

中1_3科
学区内の中学校の学習内容を中心としたカリキュラムで、生徒ひとり一人の進捗に合わせて指導していく個別指導です。授業は、講師による導入授業~問題演習~映像授業による解説~講師による確認という流れで進んでいきます。
 
中1_5科
学区内の中学校の学習内容を中心としたカリキュラムで、生徒ひとり一人の進捗に合わせて指導していく個別指導です。授業は、講師による導入授業~問題演習~映像授業による解説~講師による確認という流れで進んでいきます。
 

中学2年生

学校生活にも慣れ、部活や委員会で学校の中心的な役割を担うようになりますので、学習と部活の両立がさらに大切になります。
学習面では特に英語・数学に1年生で学習したことを応用する単元が多くあるなど、1年生の時よりも学習内容がさらに難しくなります。
また、1年後の入試を視野に入れて、苦手科目の克服をしていくことが大切です。

中学2年生 受講コース

中2_3科

学区内の中学校の学習内容を中心としたカリキュラムで、生徒ひとり一人の進捗に合わせて指導していく個別指導です。
授業は、講師による導入授業~問題演習~映像授業による解説~講師による確認という流れで進んでいきます。(理社は映像による導入授業となります)

中2_5科
学区内の中学校の学習内容を中心としたカリキュラムで、生徒ひとり一人の進捗に合わせて指導していく個別指導です。
授業は、講師による導入授業~問題演習~映像授業による解説~講師による確認という流れで進んでいきます。(理社は映像による導入授業となります)

中学3年生

志望校合格に向けて基本事項の定着を目指し、どの教科も内申点アップを目指します。
また、高校入試に向けて、夏休み以降1・2年生の復習を並行して学習していきます。
入試までは個別に学習カリキュラムを作成し、それぞれの生徒にあわせた問題演習を行い、入試での得点力を身につけていきます。

中学3年生 受講コース

中3_3科

志望校合格のための個別カリキュラムで、生徒ひとり一人の進捗・理解度に合わせて指導していく個別指導です。授業形式は、授業は、講師による導入授業~問題演習~映像授業による解説~講師による確認という流れで進んでいきます。(理社は映像による導入授業となります)

中3_5科

志望校合格のための個別カリキュラムで、生徒ひとり一人の進捗・理解度に合わせて指導していく個別指導です。授業形式は、授業は、講師による導入授業~問題演習~映像授業による解説~講師による確認という流れで進んでいきます。(理社は映像による導入授業となります)

英語検定対策講座

英検

高校入試において、各種検定は内申点アップの強い武器となります。プリモでは英語検定の実施時期に合わせて、英語検定講座を開講。授業は映像授業で自宅でも学習可能。講師の進捗管理、週50分×1時限の個別指導付きです。

中学生 時間割

timetable
1時限50分の指導です。お子さんの予定に合わせて選択することができますから、他の習い事や部活動との両立もカンタンにできます。お子さんの1週間のスケジュールの中で通える曜日・時間帯を選んでください。
やむを得ない事由(疾病・忌引等)で授業が受けられない場合は、振替制度をご利用ください。前日までであれば、専用アプリから振替の予約ができます。

これがプリモの実力です。

seiseki2020
2_page-0001
hogosha

無料体験・お問い合わせはこちら