TOPへ

プリモ個別指導塾|千葉県松戸市新松戸の個別指導塾

小金中学校・新松戸南中学校・小金北中学校の定期テスト対策なら松戸市新松戸のプリモ個別指導塾にお任せください。

ホーム塾長ブログ ≫ 勉強法あれこれ ≫

ブログページ

新中1必見!中学生になる前にやっておくべき事

profile

新松戸のプリモ個別指導塾 塾長の石垣です。

もうすぐ2学期も終わり。小学6年生は来年になればすぐに卒業をむかえ、中学校へ進学することになります。

6年生の場合、学校の勉強の方は2学期でもうほとんど終了といった感じです。でもあと数ヶ月の小学校生活が中学校3年間を大きく左右します。この数ヶ月をどのように過ごしたらよいのか、ご紹介します。

中学校の予習をしっかりと

結論から言うと、中学生になるまでの間、英語・数学の中学校での学習を先取りして学習することをお勧めします。

「中学校になってからがんばれば…。」

は遅すぎます。なぜなら中学生になってから頑張ることはほぼ不可能なのです。中学生になったお子さんが勉強を頑張れないのにはいくつか理由があります。

小学校と全く違う環境に慣れない

当たり前ですが、中学生になるとすべての環境が変わります。先生・友達・学校の時間全てが変わるので、お子さんはその環境に慣れるまで勉強に集中できません。

体力が続かない

1でご紹介した環境に慣れはじめるのは5月GW明けぐらいだと思います。でも実はGW明は、部活動に本入部する時期でもあります。体育系の部活に入るお子さんは部活動の練習に耐えられるだけの体力がまだありません。帰ってくるとすぐに寝てしまうことも。だからそこに集中して勉強というような余力は残りません。加えて一部中学校は5月に体育祭を実施するところもありますので、お子さんの体力が持ちません。

最初のテストで失敗すると痛手を受ける

個人差もありますが、部活動に体力的に追いつくのは夏休み明けぐらいの子が多いと思います。つまり1学期(前期夏休みまで)は勉強が手につかない状況になります。そんな中行われる定期テストで失敗をすると、お子さんは大きな痛手を被ります。どんなお子さんでも、この環境が一変することで自分もリセットしたいと考えているのです。仮に小学校の時、勉強ができなかったお子さんでも中学生になったら勉強ができるようになりたいと思っているのです。これが最初の定期テストで低い順位を取ってしまうと、「やっぱりだめだった」となってしまい、勉強に対してやる気を失いやすいのです。

今が取り組むチャンス

ではどのように良いスタートダッシュをかけさせるかということですが、今が最大のチャンスなのです。学校の学習はほぼ終了していて、お子さんも余力が残っています。小学6年生の冬から徐々に中学の勉強を始め、中学に上がるまでに、

英語:アルファベット・単語・be動詞

数学:正負の数の加法・減法

までは学習して中学生になりましょう。ここまでやっておけばお子さんが中学校生活に慣れ、自分の勉強のペースを取り戻す時期までの学習内容を一通りやったことになりますので、慣れるまでの間、少しアドバンテージが取れていますから、お子さんも余裕を持つことができます。

 

2018年11月26日 09:44

定期テスト前の効果的な学習法

blog181012

新松戸|プリモ個別指導塾、塾長の石垣です。11月に入り各中学校は2学期の期末テストがあります。小金中学校の3年生と小金北中学校の生徒さんはテストのための勉強をスタートしましょう。小金中学校の1,2年生も今月末です。準備は早めに始めて悪いということはありません。今から少しずつでもはじめておきましょう。

テスト前の勉強についての心構え

勉強しているつもりはだめ

なかなか定期テストで成果が上がらない人は、「勉強をする」ということを勘違いしている人がいます。

どういう勘違いかというと、勉強=作業と考えてしまっているのです。

例えば教科書や参考書を見ながらノートを書く、解説を見ながら問題を解いている等、本来のテスト勉強である

「覚えること」や

「覚えたことを使って問題を解ける」

というような事に目的意識が向いてなく、ただノートを作る、問題の正解を書いているという作業系に終始してしまっているのです。

この作業系の学習は、記憶にほとんど残りません(本当です)。学校への提出物が終わらず、徹夜で解答を見てワークの解答欄を埋めることをしても、費やした時間の割には、決してテストの点数は上がりませんよね。

テストをしよう

テスト前の勉強として一番効果的なのは、テスト形式の学習法です。

「あれえ、この答え何だっけ?」と、自分の脳に必死に考えさせることが記憶するには、一番効果的なのです。

学校の定期テストは、提出物のワークと問題の難易度はほぼ同レベルです。提出物のワークを使って、

提出するために範囲のところを一回解く⇒解答欄を隠して、テスト形式で解く

これを100%できるようになるまで、繰り返しましょう。この学習方法のポイントは、

●2回目以降は、必ずテスト形式で行うこと

●わからないところは、答えを見てしまうこと

です。ある1ページをテストに見立てて、解答欄を隠して一通り問題を解きます。わからないところは空けてしまってよいです。ここでわからないところを教科書などを見て調べたりすることは時間の無駄です。空欄のところは丸つけの時に解答を見て、書きましょう。

こうやって、テスト形式で学習することで、あなたの脳にしっかり記憶されていくはずです。

ぜひ今回のテスト勉強に活用してみてください。

 

 

2018年11月03日 11:02

成績が劇的に変わるノートの書き方【上級編】

7e87ada2a5fbe224cda1745fac797b8a_s

新松戸のプリモ個別指導塾です。ここまで準備編、初級編とノートの書き方についてご紹介してきました。問題演習の時のノートの書き方は初級編を読んで頂いて、この上級編は解説の授業時のノートの書き方です。先生の解説をノートに書いてある事が定期テスト前の勉強にとても役に立ちますから、ぜひ取り入れてみてください。

※関連記事 

成績が劇的に変わるノートの書き方【準備編】

成績が劇的に変わるノートの書き方【初級編】

ノートを取る前にやるべきこと

先生の話を聞く

特に女子生徒に多いのですが、板書の内容を何種類かの色ペンを使って、まるで参考書のようにきれいに書いている生徒がいます。それで思うように成績が上がっていますか?そうでないなら、もしかするとノートを書く事に一生懸命で先生の話を聞いていないのかもしれません。ノートは先生の話を聞いて重要な部分を書き留める事が一番の目的です。板書の写しも先生の書いた通り全てを書く必要はありません。自分が先生の説明を聞いて理解した形で書けばよいのです。ノートは何が重要なのかを自分で判断して書いていくものなのです。まずは先生の解説をしっかりと聞きましょう。

わからない部分に印をつけておく

先生の話をしっかり聞きながら「なんでそうなるの?」という疑問を持ったら、その部分をノートに書き、疑問を持った事がわかるように印をつけておきましょう。私はいつも赤ペンで「?」をつけていました。授業後、この部分について担当した先生に直接聞く方が良いのですが、授業中に聞くのは恥ずかしい人、職員室なんて絶対入りたくない人はたくさんいると思いますので、それを自宅での学習内容してみましょう。『自分で何を勉強してよいのかわからない』ということもなくなります。1人で理解をしていくのは難しいのなら、通っている塾や家庭教師の先生に聞いてみましょう。そして必ず納得することです。納得したらその内容をノートに印を消した代わりに書いておきましょう。

ノートの書き方を少し変えるだけで成果は劇的に変わります。ぜひ実践してみてください。

2018年10月30日 08:53

成績が劇的に変わるノートの書き方【初級編】

7e87ada2a5fbe224cda1745fac797b8a_s

新松戸のプリモ個別指導塾です。準備編でご紹介したものの準備はできましたか?あなたの成績を劇的に変えるノートの書き方。今回は初級編。実際の書き方についての基本をご紹介します。

「いつ・何を」は必ず書く

ノートは学習の記録です。授業毎に学習した日付、単元名、教材のページ数を記入しましょう。実際にこれを書いていない人はとても多く、これが原因で自分が勉強した事を見返せなくなっているのです。

ノートは贅沢に使おう

例えば余白を取らず、横に次々と計算問題の答えだけ書いた数学のノートをよく見かけます。こういう書き方だと間違えた時、筆算の計算でミスをしたのか、やり方が間違えていたのかわかりません。こういうノートの書き方は不正解の原因がわからないまま、「答え、間違えちゃった」だけで赤で直して終わりになってしまうのです。たとえ1問の計算問題でも途中式、筆算全てを記入するスペースを贅沢に取り、全てを消さない事で自分の間違えた理由に気付くことができます。他の科目も同様です。

1ページを分割する

ノートを書く時に字は汚くて構いません(特に男子)。整理して書いていきましょう。ノート1ページを定規で線を引いて分割して書いて行きます。こんな感じです。

blog20181026

 

さらにもう1列分割して、疑問に思った事を書き留めておくのも良いかも知れません。自分でわかりやすい整理に仕方を見つけて見ましょう。整理のポイントはわかりやすい=詰め込み過ぎない=余白が多い事です。

ぜひ実践してみてください。さあ次は「上級編」です。

2018年10月26日 06:57

成績が劇的に変わるノートの書き方【準備編】

7e87ada2a5fbe224cda1745fac797b8a_s

新松戸のプリモ個別指導塾です。今回は前回スタートさせたノートの書き方の準備編です。あなたは家へ帰ってその日の授業の内容を聞かれて、答えに詰まったりノートに書いた事が自分でもわからなくなったりして困ったことはありませんか?ノートは学習の記録です。人はすぐに物事を忘れます。ですからノートの書き方は成績を上げるためにとても重要なのです。大人の世界でも、仕事相手と仕事に関する話をする時に、メモを取らずにいる社会人は「仕事のできない人」とよく言われます。勉強に役立つノートの書き方には鉄則があります。これを覚えればあなたの成績も劇的に変わります!

ノートは学習の記録

ノートは科目ごと・学習場所ごとに分ける

時系列に書いてある方が定期テスト前など見返す時にわかりやすくなります。複数の科目を1冊に書いているとわかりにくくなります。最低限1科目1冊です。さらに学校用、自宅学習用、塾・家庭教師用の区分で分けておくとさらにわかりやすくなります。

ルーズリーフ・レポート用紙は避けよう

ノート自体は一般的なものが良いです。ルーズリーフは100%なくす、もしくは鞄の奥にゴミのようになって後日発見されます。(笑) また通常は横罫のノートで良いですが、数学・理科はグラフを書く機会もあるので、方眼のものをオススメします。

筆記具はコレを準備しよう

シャープペン2本、消しゴム、色ペン2色(赤、青)、定規 だけで充分です。

さあ準備をして成績アップを目指しましょう。次は初級編です。

2018年10月22日 08:22

成績が劇的に変わるノートの書き方

7e87ada2a5fbe224cda1745fac797b8a_s

新松戸のプリモ個別指導塾です。勉強法は数多くありますが、ノートの書き方というのはとても重要です。あなたは自分のノートについて深く考えたことがありますか?「ノートを書く」という事をあなたはどう考えているでしょうか?もしもあなたにとってノートがチラシの裏側でも代用できるような、問題の答えを書くためのもの、英単語や漢字を覚えるために書くものだとしたら、あなたはとても損をしています。実際に中学生が作るノートを見るとこんなノートがほぼ100%です。だから皆さんは勉強に苦しむ事になるのです。

ノートは自分の考えを整理する場所

ノートは、「他人が言ったり、書いたりしたことを記録するものであり、それを自分はどう考えていくかの経緯を書いたり、最終的にはどう自分の考えがまとまったかを明確にしていくもの」です。ノートの書き方が重要な事は、あらゆるところから『ノート術』というものが出されていることからもわかります。

ひとつの例をあげると、アメリカのコーネル大学の教授が学生のために考案した「コーネル・メソッド」があります。この方法は簡潔に説明するとノート1ページを上下2分割、さらに分割した上の部分を左右2分割して、上段には授業時の内容を右半分に、復習時に左側に自分の考え、質問を記入、下段に最終的なその授業のまとめを書いていくという方法です。

このノート術からもわかるように、授業内容を書くだけがノートではなく、授業で学習した内容についての自分の考え、質問、最終的なまとめを書き、自分の勉強の記録にしていくものがノートなのです。

もしもあなたにこんなノートが全授業分あったとしたら、定期テスト前の勉強などかなり余裕が持てるのではないでしょうか。

まずはノートの書き方を少しずつ変えてみよう

ノートの書き方で勉強の成果は劇的に変わります。今までのようにわかっている事を何度も勉強し直していたり、わからないところがわからないままになってしまったりという効率の悪い勉強をしなくて済んでしまいます。=短時間で学習効果が出るのです。

とはいえ、ご紹介した「コーネル・メソッド」をすぐに取り入れても、中学生の皆さんはまだ出来るスキルがないと思います。まずは初歩的なノートの書き方を次回ご紹介します。これだけでもあなたの成績は劇的に変わります。

2018年10月13日 13:30

松戸市新松戸

プリモ個別指導塾

〒270-0034
千葉県松戸市新松戸6-68-1
恩田ビル202

047-347-2890

受付時間 15:00~22:00
土日を除く

モバイルサイト

プリモ個別指導塾スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら

友だち追加