TOPへ

プリモ個別指導塾|千葉県松戸市新松戸の個別指導塾

プリモ個別指導塾は松戸市の小金中学校・新松戸南中学校のお子さま専門塾です。

ブログページ

やる気に頼らない勉強を!

3299307_s
新松戸6丁目の地域密着塾、プリモ個別指導塾のともちゃんです。

「やる気が出ない」という言葉をよく聞きます。
それはとても便利な言葉で、何かやりたくないことがある時についつい使ってしまう言葉かもしれません。

でも…いつでも最初からやる気がある人っているのでしょうか?
 
以前、「やる気というのはやり始めないと出てこない」という東大教授で脳研究者の池谷裕二先生の記事を読んだことがあります。
(池谷先生は土曜日22時「新・情報7DAYSニュースキャスター」(TBS)で時々お見かけする方です。)
 https://r25.jp/article/540681193689662300
 
↑こちらの記事によると、こんなことが書いてあります。
 
「やる気を出す方法はない、なぜならそもそもやる気が存在しないのだから」
「やる気という言葉はやる気のない人に作られた虚構」
「人間は行動を起こすからやる気が出てくる生き物」
 
※虚構…事実ではないことを事実らしくつくり上げること、つくりごと。
 
 大人になると「やる気が出ないのでやりません(できません)」は通用しないことがたくさんあります。
仕事はもちろんのこと、家事だってそうです。
やる気が出ないからと休んでばかりいたら、仕事も家の中も大変なことになってしまいます。

やる気があろうとなかろうと、やるべきことから逃れられません。
やる気や好き嫌いに関係なく、やるべきことは「やらないといけないからやる」、そういうものだからです。
 
勉強も同じだと思いませんか?
嫌いなこと・苦手なことをやるのは気が進まないことはよく分かります。
だからといって「やる気が出ないから勉強しない」では、いつまでも勉強しないことになります。

ではどうすればよいのでしょう?

勉強はやる気があろうとなかろうと、毎日、決まった時間に勉強を始めること、とにかくまずは始めることが大切なのです。

少しでもできることがあると「もっとできるようになりたい」と思うようになり、それがいわゆる「やる気」になっていきます。
つまり「やる気」は後からついてくるものであって、最初からあるものではないのです。
勉強をやり始めないことには「やる気」を感じられないのですね。

ですから、「やる気が出ないから勉強しない」のは「やる気が出るようになるまでのことをやっていない」と同じことかもしれません。
勉強をやり始める第一歩を踏み出せるかどうかに、「やる気があるかないか」は関係ないということになります。
「やる気」は待っていてもやって来ないので、こちらから迎えに行ってあげましょう!
 
勉強を習慣にすることで、「やる気」に頼らなくて済みますね。
何事もやり始める時に一番エネルギーを使うのです。
やり始めるまでは気が重くても、やり始めてしまえば意外と進んだ!ということはよくあります。
だから「勉強はやることになっているのだから、決まった時間に勉強をやり始めよう」ということです。

とはいえ、勉強の習慣がない人がいきなり「毎日2時間勉強する」と始めると…途中で挫折してしまいそうですよね。
私はよく生徒に「習慣化したいことがあるなら、自分がインフルエンザになっていてもできそうなことから始めよう!」と言ったりします。
今日学校で学習したところの教科書・ノートを読む、英単語を覚える…など。
それに慣れてきたら、少しずつ勉強の量を増やしていけばよいのです。
勉強の第一歩のハードルは低くして踏み出しましょう。
 
「その第一歩を踏み出せない」「どうやって踏み出せばよいか分からない」という人は、私たちと一緒に勉強しましょう。


↓こちらもぜひお読みください↓
 

勉強は好き?嫌い? ~勉強に対する第3の考え方~
https://primo-school.com/blog/classroom_update190716.html

 
column_t
 
 
♪ともこ先生がプリモのTwitterでもつぶやいています♪
♪プリモのInstagramはこちら
2020年10月25日 23:17

脳のしくみを利用して目標を立てよう

970140_s
新松戸6丁目で地域密着、プリモ個別指導塾のともちゃんです。

近隣の中学校は定期テストが終わった所ですが、次のテストは9月始めにあります。
「まだ1ヶ月以上もあるじゃないか?」と思われるかもしれませんが、夏休みが終わったらすぐテストなのです。

先日のテストの結果を踏まえて次のテストの目標を立て、それに向かって進んでほしいですが、今日はその目標の立て方について書いていきたいと思います。

よくテスト前、生徒の皆さんに「今回のテストの目標は?」と聞くと、答えが2パターンに分かれます。
「5教科の合計◯点以上、学年順位は△番以内を目指す」
「ワークを繰り返し解いて、英語で過去最高得点を取る」
のように具体的な目標が1つ目のパターンです。

しかしその一方で、
「テスト勉強中、スマホはなるべく見ないようにする」
「これ以上、テストの点数が下がらないようにする」
のように、「~しないようにする」というネガティブな目標になっているのが2つ目のパターンです。

どちらのパターンの目標がうまくいきそうだと思いますか?
 

脳のしくみを体感してみよう!


いきなりですが、今から指示することをやってみてください。





















パンダを想像しないでください。















どうでしたか?
一瞬でも頭の中にパンダが浮かんでしまったのではないでしょうか?
 

脳は否定語を理解できない


「パンダを想像しないでください」と聞いた時、脳の中では何が起きているかというと・・・


①パンダを思い浮かべる

597366_コピー

②パンダを消去する

597366_コピー


心理学では「脳は否定語を理解できない」と言われています。
脳のしくみからして否定語を理解することができないそうで、否定語を一旦肯定語で置き換えているということです。
「パンダを想像しない」のに、結局パンダをイメージしてそれを消去するという2段階の作業をしています。

ということは、最初に書いたような否定語が入った目標を立てると…

「テスト勉強中、スマホはなるべく見ないようにする」
→つい勉強中にスマホを触ってしまって、時間をムダにしているイメージをしてしまう

「これ以上、テストの点数が下がらないようにする」
→良くない点数を取ってしまい、がっかりするイメージをしてしまう
 

脳はイメージされたものに引っ張られるので、結局は良くないイメージをしてしまうということです。

 

否定語を使った実験


ここで否定語が及ぼす効果を検証した実験を紹介します。

この実験では数十組の親子を集めて全体を2グループに分け、子供に多めに入れたお茶がのったお盆を運んでもらいます。グループごとに母親には異なる声かけをしてもらいました。


パターン①「こぼさないように運んでね!」

パターン②「しっかり持って運んでね!」
 

この2パターンで声かけをした実験結果は明らかでした。
 

・パターン①の声かけをされた子供の50%が運んでいる最中にお茶をこぼしてしまった

・パターン②で声かけをされた子供はたった20%しかお茶をこぼさなかった


パターン①の「こぼさないように運んでね!」と声かけされた子の脳の中では、「自分がお茶をこぼすイメージ」→「消去」という工程をたどるので、頭には一瞬でも失敗する映像が浮かぶのです。
そして脳はそのイメージ通りに行動しようとするのです。


逆にパターン②の「しっかり持って運んでね!」と声かけされた子の脳の中では、「しっかりお盆を持っている自分の姿」をイメージできるので、失敗の確率を低下させることができるのです。
 

目標がうまくいくコツは「肯定的で具体的」に!


この実験から分かることは「人は否定語を行動してしまう」ということです。

「~しないようにする」という目標を立てると、脳がそれに近づこうとして、いい結果が得られないことになります。

目標は「~しない」ではなく「~する」のほうがよいのですね!

・「テスト勉強中、スマホはなるべく見ないようにする」ではなく、
 「テスト勉強中、スマホは音を切ってかばんの中に入れて勉強に集中する」
  →頭の中に浮かんだ自分の勉強する姿には、スマホがないはずです

・「これ以上、点数が下がらないようにする」ではなく
 「前回の点数以上を目指す」
  →テストが返されたとき、点数が上がって喜んでいる自分がイメージできます

なりたい自分のイメージを思い浮かべ、「~する」という目標を立てて、それに近づこうとする脳のしくみを利用しましょう!


↓こちらもぜひお読みください↓

楽しい事に目を向けてみよう‼ 勉強嫌いから脱出する方法
https://primo-school.com/blog/howto_study016.html

2学期は難しい!? 次学期に向けた準備をしよう!
https://primo-school.com/blog/howto_study014.html

 
column_t

♪ともこ先生がプリモのTwitterでもつぶやいています♪
♪プリモのInstagramはこちら
2020年07月26日 22:00

読めないものは書けません

3545508_s
新松戸6丁目で地域密着、プリモ個別指導塾のともちゃんです。

例年のこの時期は「もうすぐ夏休み!」なのですが、今年はまだ学校が続きます。
でも、夏休みまで1ヶ月を切りましたよ!
梅雨明けが待ち遠しいですね。


さて、今日は英語の学習で切っても切れない「英単語」について書きたいと思います。
「英単語が覚えられない」「英単語を覚えるのが苦手」…そんな人に質問です!
 

覚えたいその単語、正しく読めますか?


英単語が覚えられないという人は、まずは英単語が読めるかどうかチェックしましょう。
英単語が覚えられないという生徒に英単語を読んでもらうと、ローマ字読みだったり「?!」と思うような読み方だったりすることがよくあります。

例えばappleを「エー・ピー・ピー・エル・イー」ではなく「アップル」と読めるようにします。
「アップル」と読めない人は、apple→りんご/りんご→appleというように結びつけることが出来ていないことになります。

「読めないから意味がわからない」「読めないから書けない」ということが解決されない限り、何十回、何百回と英単語を書いて練習しても大変なだけです。

発音は美しくなくても良いので、まずは英単語を正しく読めるようにしましょう。
 

 読めるようになると「法則」が見えてくる!


英語には「フォニックス」といって、アルファベットのつづりと読みの規則性を意識し正しい読み方を習得するための手法があります。

英語のつづりと読みには関連があります(一部例外もありますが)。
例えばice(アイス)、nice(ナイス)、rice(ライス)…”ice”は共通して「アイス」と発音しています。
このような関連性に気付けるようになると、初めて目にした単語も何となく読み方が見えてきます。
tree(ツリー)、three(スリー)…”ree”の部分は「リー」と発音するから、同じ部分を持ったfreeは「フリー」と読むのかな?という推測がつくようになります。

フォニックスのルールを全て覚えなくても、読める単語が増えていけば「bookとlookはつづりも発音も似てる」「bookとcoolはつづりが似てるけど発音が違う」など発見があると思います。
 

英単語を覚えるのは新しい漢字を覚えるのと同じです


私たちも新しく漢字を覚える時、読みと書き(と意味)をセットで習いますよね?
新しい漢字を覚える時、単に形だけを覚えて書けるようにする人はいないと思います。

漢字は「読み方・書き方・意味」をセットで覚えている人も、なぜか英単語になると読み方を覚えようとせず、つづりだけ覚えようとする人がいます。

読み方のわからない漢字を覚えられますか?
仮に形だけ覚えたとして、その漢字を正しく使えますか?
 
漢字は母国語、英語は外国語という違いはありますが、どちらも言葉(言語)です。
英単語も漢字と同じように「読み方・書き方・意味」をセットにして覚えることが大切です。

「(声に出して)読める・(スペルを正しく)書ける・意味がわかる」がそろったところで、「覚える」といえるのだと思います。
 
英語は母国語ではないので、私たちはいつでも英語に触れているという環境ではありません。
だからこそ、出来るだけ英語に触れる機会を作り出して「忘れないようにすること」、そして英単語を覚える時は「読める・書ける・意味がわかる」が3つそろうような方法を取りましょう。
 

英単語を覚える時はこの順番で!


英単語を覚える時は、
① 読めるようにする
② 意味を分かるようにする
③ (①②が出来てから)書けるようにする

このようにしていくと漢字を覚える時と同じ順番になり、目だけでなく耳からも覚えやすいかと思います。
 
まずは筆記用具を置いて、覚えたい英単語を読めるようにしましょう!
書く練習は正しく読めるようになってから。

小学生のころ、たくさん音読をやりませんでしたか?
日本語でも英語でも、読めないものは書けません。

 
column_t
 
♪ともこ先生がプリモのTwitterでもつぶやいています♪
♪プリモのInstagramはこちら
2020年07月12日 22:38

内申点の大切さ

1411004_s
新松戸6丁目で地域密着、プリモ個別指導塾のともちゃんです。

学校が一斉登校になってからから2週間が経ちました。
プリモの近隣の中学校では、7月にある新年度初めての定期テストの日程が発表されました。
(一部の学校では、夏休み後の9月にテストを行う中学校もあります)

今回のブログは、特に中学1年生の生徒や保護者の方に知っていただきたい内容です。
「中学に入学したばかりなのに、もう受験の話なの?」と思う人もいるかもしれません。
でも、あとから「知らなかった」では済まない話なのです…

入試に内申点というのが関わるのは知っているが、具体的にどう関わるのか分からない。
どうしたら内申点が良くなるのか、よく分からない。
そんな中学生や保護者の方もいらっしゃると思いますので、内申点について説明していきますが…
 

この3つは正しくありません!


①「中3になってから頑張ればいいのでは?」
②「部長や委員長をやっているから内申点はいいはず」
③「通知表はオール3が取れているから、真ん中くらいでまあまあだ」


こんな話を生徒さんからも保護者の方からも聞くことがありますが、 その考えは改めていただきたいと思い、このブログを書くことにしました。

なお、今日は①と②について書きたいと思います。
(③については次回詳しく書きたいと思います。次回の予告だけしておきますが、通知表のオール3が取れていても真ん中ではありません。)
 

「中3になってから頑張ればいいのでは?」  →間に合わないこともあります!


中3になってから勉強を頑張っても、中1と中2の通知表が悪ければその穴埋めをすることができません。
例えるなら、今まで部活に入っていなかった中学3年生が、部活を2年半頑張ってきた同級生に向かって、「あと半年でみんなに追いつけるように頑張るよ」と言っているのと同じようなものです。
 
千葉県の入試では、公立高校入試も私立高校入試でも、内申がとても重要です。
公立高校の入試制度では、中1~中3の2学期(前期)の「通知表の数字(いわゆる評定)」が内申点として計算され、合否の判定に使われます。
内申点のメインはあくまで「通知表の数字」なのです。
私立高校入試では受験に関わるのが中3の通知表だけだからといって、中1・中2で適当に過ごすというのはおすすめしません。
それまでの積み重ねが通知表の数字に反映するからです。

 

「部長や委員長をやっているから内申点はいいはず」→そうとは言い切れません!


内申点は主に通知表の評定です。これが悪ければ部活や課外活動を一生懸命行っても、いい内申点は望めません。
 それなら、部活や学校行事に一生懸命に取り組んでも意味はないのかというと、そんなことはありません。
ベースとして通知表の評定があって、部活動の実績や委員会活動・検定試験の資格などがそこに上乗せされるイメージです。

学校によって異なりますが、だいたいの学校で評価されるものは、
・3年間皆勤(欠席・遅刻・早退無し)
・英語検定・数学検定・漢字検定(この中から1つでOK)の3級以上を取得
・生徒会本部役員
・部活動で県大会上位
となります。
 
他にも評価されるものはありますが、これらの実績がどのくらいの点数に換算されるかは、学校によって異なります。
部活や学校行事に積極的に取り組むことは、もちろん素晴らしいことですが、加点のためだけに勉強がおろそかになってしまうのは本末転倒です。
勉強と部活の両立が出来るように生活のリズムを作りましょう!
 

通知表を上げる(下げない)ために必要なこと


・定期テストで良い点を取る
・学校の授業を集中して受ける
・提出物を期限までに提出する

この3つです。

定期テストで良い点を取るのは努力が必要ですが、他の2つは普通のことですね。
そうです、「当たり前のこと」きちんとやっていれば良いのです!
授業中に寝ている・おしゃべりするとかはだめですよ。
提出物は丁寧に仕上げるのがコツです。

私も学校で教えていた時に課題ワークやノートのチェックをしていましたが、「これはちゃんと自分で解いたな」「これは答えを写しただけだな」がだいたいわかりました。
字が丁寧でなければ「急いでやったのかも?」と思われてしまいます。
先生方は、提出物の中身を見ていないようで結構よくチェックしていることを忘れずに!
 

 最後にまとめです!


・内申点を良くしたいと思うなら、まずは勉強を1年生の時から頑張りましょう。
・定期テストだけでなく毎日の授業も大切にしていきましょう。


毎年3年生が受験前に「1、2年のころからもっとちゃんと勉強しておけばよかった」と口をそろえて話します。
「ちゃんと提出物を出しておけばよかった」「授業態度を良くしておけばよかった」という人もいます。
学力は受験前まで追い込むことが出来ますが、内申点はどう頑張っても変わらないからです。

内申点は、たとえ入試当日に少しミスが出て失点をしても、その分をカバーしてくれるので、いざという時に頼れるいいヤツなのです!
早い時期からの頑張りが、後の進路選択の幅を広げてくれます。


 
column_t
 
♪ともこ先生がプリモのTwitterでもつぶやいています♪
♪プリモのInstagramはこちら
2020年06月29日 15:37

たかが途中式、されど途中式…途中式が書けるとコスパが良い!

2731808_s
新松戸6丁目で地域密着、プリモ個別指導塾のともちゃんです。

梅雨入りが発表されて雨の日が多くなりましたが、それでも晴れた日は夏のようなので熱中症には十分注意しましょう!

さて、今日は数学(算数)のお話です。
 
私は数学や算数を教えていますが、
「途中式って書くのめんどくさい」
「途中式を書けって言われるけど、答えが分かれば(合ってれば)書かなくてもよくない?」
こんな声を聞くことがあります。

それに対する答えは…「途中式は書く必要がある!」です。
というより、「数学に限らずどの科目でも、途中式や説明を書けるくらいの論理的能力が必要とされる」のです。

「論理的」とは簡単に言うと…「きちんと筋道立てて考えるさま」です。
論理的能力とは「○○だから△△と言える」のように、そのように考えた根拠を含めて説明できる能力ということになります。

ということで、タイトルにある「途中式が書けるとコスパが良い」を説明していきますね。
 

なぜ途中式を書いた方が良いのか?


・入試で途中式(思考過程)を記述させる問題が出題されるから

→2020年度(今年の2月)の千葉県公立高校入試問題を見てみると…
国語は書き抜き問題を除くと約3割、理科や社会も約2割の問題が自分の言葉で説明させる問題でした。
英語は数年前から記述問題が増え、毎年出題されてきた条件英作文の単語数が今年から増えました。
数学は後述しますが、図形の証明問題以外にも途中式と説明を記述させる問題の出題が続いています。

・この傾向は今後さらに強くなると予想されるから

→記述問題が増えているのは千葉県公立高校入試だけでありません。
答えだけ書く試験はこの先どんどん減っていきます。
高校の定期試験・大学入試・大学の授業などの試験では記述の量がハンパないです。

2020年の教育改革により、これまでは学んだことを理解できているか(知識・技能)を重視していた教育が、知識や技能を習得するだけでなく、それをもとに自分で考え、表現し、判断することが求められるようになりました。

つまり、答えを知っているのは「当然」として、それを自分で考え、説明できるかを問われているのです。
 
 

新傾向!数学でこんな記述問題が出題されています


数学の図形の証明問題以外で、記述問題を含めた新傾向の問題が2019年度より千葉県公立高校入試で出題されています。
 
【2019年度千葉県公立高校入試問題より】(問題を一部抜粋)
 
図1のように、底面の半径と高さがともにr㎝の円錐の形をした容器Aがあり、底面が水平になるように置かれている。
ただし円周率はπ(パイ)を用いることとし、容器の厚さは考えないものとする。
 
図1

図2は、容器Aでr=5㎝のときに、水をいっぱいに入れたものである。また、図3は底面と半径の高さがともに5㎝の円柱の形をした容器に、半径5㎝の半球の形をしたおもりを入れたものであり、これを容器Bとよぶことにする。
容器Aに入っているすべての水を、容器Bに静かに移していく。
このとき、容器Bからは水があふれるか、あふれないかを答えなさい。ただし、その理由を式とことばで書き、答えること。
 
図2
  
↓解答はこちらです↓
 
2019解答


中学1年生で学習する空間図形の問題です。容器Aの体積と容器Bの体積を計算して、容器Aの体積のほうが大きければ水はあふれ、体積が等しいか小さければ水はあふれません。
 

数式だけでなく日本語も含めて全てが解答


さきほどの模範解答を見て、どんな感想をお持ちになりましたか?
「図形の証明問題より短いし、立体の体積の求め方が分かる人なら書けるのでは?」と感じた方もいらっしゃるかもしれません。

ところが・・・
上の問題の完全正解率は約19%で、部分点がもらえた人は約6%でしたが、答えを何も書かなかった「無答」の人が約30%でした。
4人中の3人はこの問題で0点だったということになります。
 
ちなみに翌年2020年度の同様の記述問題の完全正解率は約10%で、部分点がもらえた人は約15%、「無答」の人が約50%でした。
2019年のものより完全正解率が下がり無答率が上がっているので、記述問題が難化していることがわかります。

問題を読んで、「答えは求められるけど解答の書き方が分からない」「何となくわかるけど説明できない」と思う人は多いかもしれません。
模範解答のようにきちんと書き切ることは、普段から記述することに慣れていないとなかなか難しいのではないでしょうか?
 
例に挙げたような「論理力を問う問題(思考過程を書かせる問題)」は入試などで増えています。
ということは中学校の先生たちもこの傾向を意識して、どの学年でも定期テストなどで
 
数学…他にも図形の証明問題
国語…読解問題はまさに論理力を問う問題、公立高校入試では資料を読んで200字の作文にまとめる問題
英語…読解問題は様々な形式の文章から内容をとらえる問題、条件英作文で場面に合う英文を考えさせる問題
理科…実験でやらなければいけない操作とその理由を問う記述問題
社会…資料から読み取れることやその根拠を問う問題

のような記述問題を出題する可能性は高いと思います。

ということで、数学の途中式を書くことは…
論理力をつけるのに一番近道で、ほかの教科にも役立ち、入試で求められる力がつき、人に自分の考え方を説明する練習が出来るのでコスパが良いのです!
 
途中式をどのように書いたら良いのか分からない人は、まずは教科書や問題集の例題のまねをして書いてみましょう。
途中式はもちろん計算を間違えないためにも書きますが、途中式で大切なところは「人に考え方を伝える」ことです。
人に自分の考え方を相手に伝えられるかどうかは、社会に出てから必要とされる力でもあります。

まずは、「どんなふうに途中式を書いたら、自分がその場にいなかったとしても、相手に分かってもらえるかな?」と考えてみましょう!
 

最後にまとめです!


・入試やテストで途中式を記述させる問題(思考過程を問う問題)が出題される
・そのような問題が増えている傾向があるので、途中式を書く能力は必要
・数学の途中式は相手に自分の思考過程を表現するもので、これが書けるようになると他の教科に役立つ論理力も身につくから、コスパが良い

 
column_t
 
♪ともこ先生がプリモのTwitterでもつぶやいています♪
♪プリモのInstagramはこちら
2020年06月21日 17:30

ミスは伸びしろ!

3343829_s
新松戸6丁目で地域密着、プリモ個別指導塾のともちゃんです。
指導をしていると小学生でも中学生でも、間違いを恐れてなのか自信がないからなのか、なかなか問題の答えを書こうとしないことがよくあります。

その気持ち、よくわかります。
かつての自分(特に中学生のころ)がそうだったからです。

自信がないから「間違いが多いと恥ずかしい」と思っていました。
間違えると「何で出来ないのだろう・・・」と落ち込んでいました。
 
でも今なら・・・そのころの自分に対して、声を大にして言いたい!

「間違えることで記憶に残るのだから、恥ずかしがらずどんどん間違えて覚えよう!」
自分が間違えた問題を出来るようにすればよいからです。
 
指導をしていく上で、自分のミスはなぜ起きてしまったのかを考えてもらいたいので、私は生徒さんが間違えた時に「どんなふうに考えてこの答えを出したの?」と聞きます。
適当に答えたのか、考え方は途中まで合っていたのかそうでないかをを確認するためです。
 
もちろん、一口に「間違え」と言っても「適当にやった間違え」は大いに反省しないといけません。
これを繰り返していると考えることが面倒になるからです。
また、間違えたことをごまかそうとすることも正さないといけません。
よく、正解でないのに丸をつけたり、自分の間違えた答えを消してから正しい答えを書き直して丸をする人がいます。
このような行動をしてしまう原因が恥ずかしさなら、今すぐやめましょう。
これを繰り返していると「考えることが面倒」と同様、間違えをスルーするクセにつながってしまいます。
 
経験者(私)だから言えること。
恥ずかしさは自分の成長を止めてしまいます。
そんなのもったいないですよね?
 
「ミスは伸びしろ!」
いろいろ考えて、どんどん間違えよう!
ミス=自分の伸びしろが見つかってラッキー!
ミスを見直せば成長できるのです。
間違えても私たちは怒ったりしません。
間違えることは恥ずかしいことではありません。
落ち込む必要もありません。

自分の間違えを正面から受け止められる姿勢を身につけてほしいと思っています。
 


column_t


 
♪ともこ先生がプリモのTwitterでもつぶやいています♪
♪プリモのInstagramはこちら
2020年02月02日 01:38

テスト勉強ではこれを意識しよう!

49a490d7831a2e6e34b03e22955209ee_s
新松戸6丁目の地域密着塾、プリモ個別指導塾のともちゃんです。
いよいよ千葉県公立高校前期入試が近づいてきましたが、中学1・2年生の学年末テストも近づいてきています!
このテストは学年の成績を左右する大切なテストなのです。
しかも試験範囲は11月終わり~2月始めに学習した単元となり、冬休みの2週間を除いても約2か月分の分量があります。
しっかり準備してテストを迎えたいですね。
ということで、テスト勉強で意識してほしいことを書いていきます。
 

普段の勉強とテスト当日の違い

 
  普段の勉強 テスト当日
時間制限 ない ある
調べながらできるか できる(教科書など) できない
質問すること できる できない
できない問題 できるようにする あきらめる
やり直せるか やり直せる やり直せない
 

普段の勉強とテスト当日の違いで大きなものを挙げてみました。

生徒のみなさんならよくわかっていることばかりだと思いますが、こうして並べてみると・・・普段の勉強とテスト当日って見事に「真逆」ですね。
普段の勉強の延長でテストを受けてしまうと、当日の環境が普段と全く違うので思うようにいかないことが出てきます。
 
例えば、
●いつも自分のペースで問題を解き時間は気にしない→いつものペースで解いていたら、テストで時間が足りなくなる
●わからない問題は調べながら解いて、何となくできた気になる→テストでは自分の力で解けない
●ケアレスミスは次回から気を付けようと思う→テストでも同じようなミスをしてしまう

という経験はありませんか?
もちろん、「普段の勉強もテストのつもりで勉強する」が出来ればよいですが、急にはなかなか難しいですよね。
 

普段の勉強をちょっと意識して変えてみる


そこで、さきほどの表の真ん中に「テスト勉強」を足してみます。
テスト勉強では下の表のように進めていきましょう。
 
  普段の勉強 テスト勉強 テスト当日
時間制限 ない 速く解く練習をする ある
調べながらできるか できる(教科書など) 調べないで解く できない
質問すること できる しないようにする できない
できない問題 できるようにする 時間をかけない あきらめる
やり直せるか やり直せる やり直せないつもりで解く やり直せない

●時間を気にしないで解く→「10問解くのに△分で解く」や「今日は△分で〇ページすすめる」のように時間制限を設ける
●調べながら解く→覚えてから何も見ずに問題を解くようにする
●できない問題にじっくり取り組む→途中まで考えて分からなそうであれば、解説を見て考え方を理解するようにして、それでもわからなければ質問する
 
こうすればテスト当日もテスト勉強と同じような環境になるので、いつも通りの力が出せそうです。
特に「速く解く練習をする」「できない問題に時間をかけない」を意識するだけで、
普段のんびり問題を解いている人も、まず学校ワークの課題が早く終わります。

そうして生まれた時間で、別の勉強(課題ではない本当のテスト勉強)ができますね。
出来る問題も、1回解いた問題は2回目以降(テスト勉強)に「1回目より高速で解ける」練習をすると、
本番のテストでも速く正確にミスなく解けるようになります。

「勉強は時間をかければよい」ではありません。
「勉強は短い時間で効率よく」。
いかに時間をかけないで出来るかにかかっているのです!

そして、上の表の「テスト勉強」の方法で勉強が進められるようになれば、普段の勉強もテスト勉強に近くなり、得点力がアップすると思います。
 
ただし「テスト勉強」を実践するには、試験範囲が発表された頃には学校ワークの課題を始めていて、遅くともテスト1週間前にはひと通り終わっている必要があります。
ということは、前回の試験範囲(2学期の期末テスト)の次のページから、もうやり始めていないとテスト勉強ができないことになります。
テスト勉強も早めのスタートが大事です!

※関連記事
テスト勉強は大きくフライングしよう!
なぜ「学校のワークは3回やりましょう」なのか?


 
column_t
 
 
♪ともこ先生がプリモのTwitterでもつぶやいています♪
♪プリモのInstagramはこちら
2020年01月19日 18:03

うっかりミスこそ〇〇しよう!

d330ee4ec5638a8b200142c61ce9823a_s
新松戸6丁目で地域密着、プリモ個別指導塾のともちゃんです。

生徒さんたちがうっかりミス(別名ケアレスミス)をすると・・・
「分かってはいるから(全然理解してないわけではないから)気にしない」
「うっかりミスは恥ずかしいから無かったことにしたい」
と、思っているのでは?と思うことがあります。
(そういうつもりはないのかもしれませんが・・・)
 
でもその前に!

うっかりミスこそ「暗記」しないといけないのです!

自分がしてしまったミスの原因は何なのか、どうすれば次に同じミスをしないかを反省するようにしましょう。
「次は気を付けよう」だけでは同じミスをしてしまいます。
次に似たような問題が出てきたときに「あっ、これ、この前は~~してしまったから間違えたんだよな…今回は間違えないぞ!今回は~~しないで△△するんだよな」と思えるまでになって、ようやくミスが減っていくのです。
 
イヤなことを「暗記」するのは時に苦痛かもしれません。
でもこの「暗記」を増やしていけるかで、今後のうっかりミスが減るかどうかが決まるのです!
 
ミスを恥ずかしいと思ったり、隠そうとする必要は全くありません。
(もちろん私たちは怒ったりしません)

「ミスはのびしろ!」
普段間違えておけば、いざという時に役に立ちます。
ミスをしたとき、消しゴムで即座に消して無かったことにしてしまうのはもったいないですよ!

ミスをしっかり自分の中に刻んでおきましょう。

 
column_t

 
♪ともこ先生がプリモのTwitterでもつぶやいています♪

♪プリモのInstagramはこちら
2019年12月03日 17:36

なぜ「学校のワークは3回やりましょう」なのか?

tomo_teacher
新松戸6丁目で地域密着、プリモ個別指導塾のともちゃんです。
もうすぐ中学校は期末テストですね。
ところで、試験範囲表に「課題のワークは3回(3周)やりましょう」とよく書かれています。
なぜ3回なのでしょうか?

先生が適当に3回と言っているわけではありません。
だけど理由はあまり教えてもらえませんよね…
今日は「なぜ学校のワークは3回やりましょう」なのかを書こうと思います。

それは・・・一口に「ワークを3回(3周)」と言っても、毎回の目的が違うのです!
 

学校ワークの1周目は「仕分けとチェック」が目的です。


まずは自分で決めた数ページを、問題を解いて丸付けをします。
自分が解いて丸付けした問題を、

〇→できる
△→自信がないけどできる、できそうでできない
×→できない

に仕分けしていきます。
△と×には自分にわかるような印をつけておきます。

1周目はあまり時間をかけないことがポイントです。
(点が伸び悩んでいる人は、1周目で「理解する」「解く」を同時にやろうとして時間がかかってしまい、2周目以降に進めていません)

出来そうもなければ飛ばして、丸付けをする時に解説を読んで理解するようにしましょう。
「時間がない、わからないからといって赤で答えを写してワーク終了」は勉強ではなく作業です。
 

学校ワークの2周目は「解き直し」が目的です。


△と×がついた問題の解き直しをします。
△と×が多い場合、まずは△の問題が出来るようになるのが目標です。
△→〇になる可能性が大きいからです。
また、自分の目標に応じてどのレベルの問題まで出来るようにするのかを決めておきましょう。
(苦手な科目であれば応用問題は飛ばすなど)

ここで大事なのは、この2周目に時間をかけるのがポイントです。
勉強とは「できないものをできるようにする」ことだからです。
解説を読んでも理解できないなら教科書をよく読み直して、内容を覚え直してからもう一度問題にチャレンジしてみましょう。

この2周目を進めていくと、「自分はこのくらいの時間で、これくらいの問題数が解ける」という感覚がつかめてきます。
この感覚をつかめてくれば「1時間あればこのくらいのページ数を進められる」という予測がつくので、時間配分を考えて勉強の計画が立てられるようになります。
 

学校ワークの3周目は「本当にできるかチェック」が目的です。


3周目はすべての問題をもう一度最初から解いていきます。
2周目で「わかった」となっているものを、本当にできるようになっているのかのチェックです。
1周目や2周目をしてから時間がたっているはずなので、忘れてしまっていないかのチェックでもあります。
人は時間がたてば一度覚えたことを忘れてしまうので、テストで点数が取れるように確認をしていきます。

高得点を取る人は、1周目・2周目・3周目でこれらの流れを守っているのです。
もちろん4周目以降をやってもOKですが、あとは残り時間との勝負です。
何度もやっていると問題を覚えてしまうので、そんな時は類題をプレゼントします!

ワークを繰り返しやるのに意味があるのは、目的が違うからというのがわかっていただけたでしょうか?
ただ繰り返せばよいというのではないのです。

というわけで、課題の学校ワークの1周目をいかに早く終わらせて、2周目以降でじっくり理解し覚えていくのがテスト勉強がうまくコツです!

 
column_t
 
 
♪ともこ先生がプリモのTwitterでもつぶやいています♪
2019年10月31日 16:38

テスト勉強は大きくフライングしよう!

b1a383d0ecbbee36d48621204f4bd1ae_s (1)
新松戸6丁目で地域密着、プリモ個別指導塾のともちゃんです。
中学生の皆さんはもうすぐ期末テスト!
毎回のテストで点数が下がっていく人がいる一方、どんどん点数が伸びて成績が上がっていく人がいます。
どうして同じ中学生なのに、差がついていくのでしょうか?

勉強の才能があるかないかの差?
運があるかないかの差?
それとも偶然?(今回だけ?)

実は成績が上がっている人(いい成績をキープしている人)にはある共通点があります。
それは「期限を逆算して、早く取りかかること」です。

テスト直前になると、こんな「テスト前あるある」を耳にします。
「時間がなさすぎて勉強が進まない」
「もうちょっと時間があればもっと勉強できるのに」
「時間さえあればいい点とれるのに、時間がないからもうダメだ」
「全然勉強できていないのに、明日からテストが始まっちゃう」

でも・・・
安倍首相も1日は24時間。
超忙しい芸能人も1日は24時間。
中学生全員、1日は24時間。
神様に祈っても、1日は24時間というのは変わりません。

ではどうすればよいでしょう?
それは「早く取りかかること」です。

成績が下がってしまっている人も、勉強が全くできないのではないと思います。
ただ、「テストで点数が取れる準備が出来ていない」人が多いのです。

定期テストというのは約2か月に1回くらいの「総復習テスト」なので、全く習っていないことのテストではありません。
試験範囲があって課題のワークからも同じ問題が出るように、基本問題が出来ていれば半分くらいの点数は取れるように作られています。

以前、私も学校で教えていたので定期テストを何度も作りましたが、まずはワークの問題で「これを出そう」という問題を決めます。
ワークの問題はいい問題が多いので「あれもこれも出したい!」となりますが、そんなときは単語を変えて問題を作りました。
(そのくらい学校の先生方はワークの問題を重視しているのです!)

・・・ということはワークの問題がしっかり出来ていれば点数が取れるはずなのですが、テスト前は
「ワークをやらないと提出期限に間に合わないよ~」
「ワークをやるのに結構時間がかかっちゃって、テスト勉強なんて無理~」
のように、出来ない理由を並べてしまう人が多いのです。

ならばそうなる前に「前もって早くからテスト勉強に取りかかること」で、まずはこの「時間がない」「間に合わない」は解消されるのです。

というわけで!    
一番日程が遅い中学校の2学期の期末テストまで、あと3週間くらいです。
テスト範囲がまだ発表されていなくても、今からテスト勉強を始めてしまいましょう!!

ワークの効果的な進め方については次回書きます。
column_t

 

♪ともこ先生がプリモのTwitterでもつぶやいています♪

2019年10月29日 17:14

松戸市新松戸

プリモ個別指導塾

〒270-0034
千葉県松戸市新松戸6-68-1
恩田ビル202

047-347-2890

受付時間 15:00~22:00
土日を除く

モバイルサイト

プリモ個別指導塾スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら

友だち追加はこちら 友だち追加