TOPへ

プリモ個別指導塾|千葉県松戸市新松戸の個別指導塾

小金中学校・新松戸南中学校・小金北中学校の定期テスト対策なら松戸市新松戸のプリモ個別指導塾にお任せください。

ホーム勉強に役立つ情報満載! プリモブログ ≫ 本物の『できた!』を手に入れる方法 ≫

本物の『できた!』を手に入れる方法

正面
新松戸6丁目で地域密着、プリモ個別指導塾のともちゃんです。
中間テストが終わった中学生のみなさん、お疲れさまでした。
結果はどうでしたか?

テストを受けてみて「まあまあできた」と思っていたのに、テストが返されてみたら実際は違った…なんてことはよくありますよね。

勉強は毎日の「できた!」の積み重ねです。
せっかくの「できた!」という自信を、確かなものにしてほしいと思う私です。


「できる」の定義とは?

まず、「できる」を下のように3つに分類してみました。

①ノートやヒントがあればできる→Cランク
②何も見ないでひとりで解ける→Bランク
③速く正確に、無意識でも解ける→Aランク

一口に「できる」といっても色々ありますね。
では、ひとつずつ詳しく見ていきましょう。
 

Cランク『ノートやヒントがあればできる』


同じような問題やまとめページを見ながら、または先生や他の人にヒントをもらいながら正解して、「できた!」と思い込んでいます。
確かにできたのかもしれませんが、テストでも周りは助けてくれるでしょうか?
「今はレシピを見ながらだったから料理を作れたけど、テストの時はレシピ無しで料理を作らないといけない」と思ってください。

このランクの具体策は「何も見ないで(ヒントをもらわないで)もう一度解く」「時間をおいてからもう一度解く」です。
普段から、わからない問題が出てきてもすぐに人に聞くのではなく、自分で考えるようにしましょう。
そして質問する時も「答えは何ですか?」ではなく、「ここまでは一人でできたけど、この後どうすればいいのかわからない」というように、具体的に説明できたらBランクまであと一息です!
 

Bランク『何も見ないでひとりで解ける』


これを「できる」と思っているそこのあなた!
うっかりミスが多くありませんか?
(残念ながら、ケアレスミスも立派なミスなのです…)

普段の勉強ではできるはずなのに、テストのように制限時間があったり問題数が多かったり、少し複雑な(手順が多い)応用問題があったり…のようにイレギュラーな状況になると、プレッシャーがかかりますよね。
このように余裕がなくなるとミスが出てしまいます。
ですから、普段から少し自分を追い込むように訓練してください。
このランクの具体策は「今より短い制限時間で解く」「少し難しい問題を解く」です。
そうすれば見直しの時間が取れるし、応用問題が出てきてもあわてることが減っていきます。


ちなみに…

Aランク『速く正確に、無意識でも解ける』


・問題を読んだ瞬間、反射的に解き方が浮かぶ
・問題を解きながら、どこが間違えやすいポイントか分かっている
・そして正解である
 

どうやって「できる」を仕分けする?


上に挙げたようなランク付けは、教科ごとや単元ごとに仕分けしてみると効果的です。

(例)
中1数学
文字式→Bランク
一次方程式→Cランク

中1英語
be動詞→Aランク
一般動詞→Bランク

このように同じ科目でもランクが違うことはよくあります。

いま自分が感じる「できる」は、いったいどのランクにあたるのか?
もしCランクやBランクなら、自分にはあと何が足りないのか?
何をすればひとつ上のランクに上がれるのか?

このあたりを意識しながら、本物の「できた!」を手に入れてくださいね。

 
column_t
2019年10月01日 15:00