TOPへ

プリモ個別指導塾|千葉県松戸市新松戸の個別指導塾

プリモ個別指導塾は松戸市の小金中学校・新松戸南中学校のお子さま専門塾です。

ホーム ≫ 勉強に役立つ情報満載! プリモブログ ≫

ブログページ

勉強のやる気を上げるスケジュールの作り方

profile

新松戸のプリモ個別指導塾 塾長の石垣です。

昨日から小金中・小金北中では中間テストが行われています。当塾も昨日がテスト対策が最終日ということで、午後の早い時間から夜10:00ごろまで、中学生はほとんど全員塾にこもって勉強していました。そんな中、気になったのが体調を崩している子が多いということです。最近、天気が悪いせいもあるのでしょうが、話しを聞くと「昨日、3時間しか寝てない」など、テスト前の踏ん張りが逆に体調に悪影響を与えてしまっているようです。そんなこともあって、本日は勉強のスケジュールの立て方をご紹介。勉強の『やり過ぎ』はお子さんがやる気を失うきっかけになってしまうというお話です。

テスト前のがんばりは勉強を嫌いにする!?

勉強のスケジュールを立てる時、気をつけたい事があります。私がよく生徒に言っているのは、

「勉強のやる気が出た時に、勉強をやり過ぎるな。」です。

勉強は大変なものです。ゲームをやるより勉強の方が楽しいと思うなら別ですが、長時間の勉強は脳がストレスを受けます。お子さんの勉強に対するモチベーションが上がっていたりテスト前のようにやらざるを得ない状況になると、その時ばかりは頑張れるものの、脳にはかなりのストレスがかかっているのです。ですから保護者の方に気を付けていただきたいのは、このような状況の時にお子さんが長時間勉強することを「やる気があっていいじゃない」と放置せず、適度に休ませることです。

人間の脳はストレスから逃げようという指示を出します。ですからよくあることですが、普段勉強しない→テスト前に徹夜勉強→テスト終了→勉強を全くしなくなる

この悪い循環にハマってしまうのです。お子さんの勉強ぎらいはお子さんの意志ではなくお子さんの脳が指示を出しているのです。この問題に対する解決方法はただひとつ。計画性のある勉強がお子さんを『勉強ぎらい』から解放してくれます。

毎日の勉強が勉強時間を少なくできる

勉強をしても結果が出ない。結果が出ないから勉強時間を増やす。この悪循環は辛いものです。この悪循環は毎日の少しの勉強で克服できます。心理学者のヘルマン・エビングハウスの忘却曲線をご存じですか?忘却曲線(ぼうきゃくきょくせん)は、記憶の中でも特に中期記憶(長期記憶)の忘却を表す曲線で以下のようなグラフになります。

2000px-ForgettingCurve.svg_-300x257

人は1日でかなりの事を忘れてしまうということがわかります。学校で授業を受けても、その日の内に復習や暗記をしておかないと、翌日にはかなり多くのことを忘れてしまっているということです。その後「忘れ」は緩やかになってきますから、その日学校でやった事を家でその日の内に復習するだけで、大きな効果が出てくるのです。これをやっていないと、結局テスト前にテスト範囲の全てをもう一度記憶しないといけないので、長時間のテスト勉強が必要となり、長時間やると、勉強が嫌になり、さらに勉強の効率が悪くなってしまいます。テスト前の「徹夜」は最悪です。

毎日の勉強なんて億劫、部活や習い事で疲れている時ぐらいやらなくても…。そんなお子さんに勉強をさせるのは難しいですよね。でもそこをちょっとだけがんばって勉強をやらせてみてください。結果的にお子さんの勉強時間を少なくしていく(効率的)にしていくことにつながっていくのです。

2018年09月26日 09:18

数学が苦手な子必見!図形問題が得意になる勉強法 

c09b14878e2932a39fd7d7d723c067bf_s

新松戸のプリモ個別指導塾 石垣です。図形問題は公式や定理を覚えることだけではなく、問題によってどの公式・定理を用いればよいのかがわからないとちょっとした応用問題すら理解不能になってしまいいます。私が以前勤めていた学習塾に理系の最高峰、東工大の方に講師として来ていただいていたのですが、彼曰く、「図形はセンスです。」と言っていました。それほどどの公式・定理を当てはめるのかという部分は難しいところでもあります。しかし中学校・公立高校の入試レベルの問題であれば、勉強のやり方次第で充分解けるようになります。図形問題の勉強法のコツをご紹介したいと思います。

図形問題を解けるようになるコツ

1. 公式・定理をしっかり暗記する

あなたは図形の面積を求める公式や三角形の合同条件、三平方の定理等、公式・定理をしっかり覚えていますか?学年別で、覚えておくべきことを書いておきます。

【中学1年生】

中1では図形の基礎を学びます。公式・定理というよりは、用語・記号をしっかり覚えましょう。また公式については小学校で習った形ではなく、文字式による公式の表し方をしっかり覚えましょう。

【中学2年生】

中2では本格的な図形問題に入ります。対頂角・同位角・錯角の関係、三角形の合同条件、証明の手順、各図形の定義は、必ず覚えておきましょう。

【中学3年生】

中3ではより深く図形問題を解いていくことになります。三角形の相似条件、三角形の線分の比の使い方、中点連結定理、相似比と面積比・体積比の関係、円周角の定理、三平方の定理まではしっかり覚えましょう。余裕があればメラニウスの定理まで覚えましょう。

公式・定理を覚えて、それを問題にどうやって使っていくかが図形問題の基本の解き方ですので、これらを暗記しておくことがまずは必須です。

図形問題を解くカギは補助線

図形問題を解くカギは出題された図形に「補助線」を引くことです。補助線を引くことによって、どの公式、定理を使ってよいのかが見えてきます。例えば中1の問題を題材にご紹介します。この問題は某中学校の2学期期末テストに実際に出題されたものです。

Q. 1辺12㎝の正方形の中に書かれた図形のうち、斜線部分の面積を求めなさい。

zukei_question_pic1

この問題では斜線部のおうぎ形の半径(r)は12㎝だということはすぐにわかります。あとは中心角なのですがこれがこの図を見ただけではすぐにわかりません。ところが、先程説明した「補助線」を引くとこうなります。

zukei_answer_pic2

正方形の頂点Cから弧ACと弧BDの交点をEとすると、そのEに向かって直線を自分で引いてみます。すると、斜線部おうぎ形だけでなく弧をBEとするおうぎ形CBAと、正方形の辺BCを一辺とする三角形BCEができます。斜線部おうぎ形の半径はBCとBE、BEを弧とするするおうぎ形の半径はBCとEC、BCが共通なので、BC=BE=ECと言えます。つまり補助線を引いたことによってできた三角形BCEは1辺12㎝の正三角形であることがわかります。斜線部おうぎ形の中心角∠CBEは三角形BCEの内角です。三角形BCEは正三角形なので内角はどれも60度。斜線部おうぎ形の中心角は60度であることがわかります。あとはおうぎ形の面積のaに60を代入して答えを求めればよいわけです。答えは24π㎠とわかります。

このように図形問題は、補助線を自分で引くことで解答を導き出せる問題なのです。

補助線をどこに引く?

補助線を引けと言われてもどこに引けばよいかわからない。という人は次の2つの考え方を頭に入れておいてください。

◎与えられた情報を利用するために引く

◎必要な情報を探し出すために引く

です。この2つの視点をどういう時に使えばよいのかがわかるには、色々な問題を解いていくしかありません。図形の勉強は1冊の問題集を完璧にするという反復演習よりも、ある程度、色々な問題集を使って数多くのパターンを演習した方が良いと思います。また各問題についてわからないようであれば、何分も考え込むより、解答の解説を読みながら解き方を覚え、自分で改めてその問題を解いてみるという風に勉強してみてください。ですから問題集を選ぶ時には、解答・解説が充実しているものを選びましょう。もちろん解説を読んで補助線を引いてあるのならば、これは上記2つの考え方のどちらで引いたのだろうという疑問を持ちながら学習してください。

2018年09月25日 13:43

数学が苦手な子必見!数学が得意になる勉強法 

c09b14878e2932a39fd7d7d723c067bf_s

新松戸のプリモ個別指導塾 石垣です。

数学は英語とならんで苦手科目にする子が多い科目です。この2科目は指導要領が体系的にできていて、前に学習した内容がわからないでいるとこれから学習する内容の理解が難しくなってしまいます。これが苦手にする人が多い所以だと思います。数学が苦手というと基本的に計算が苦手です。計算は得意だけど図形が全くわからないという子は稀です。図形問題が苦手でも計算が得意だとテストで平均点以上は取ってこれるので苦手意識は持たないはずです。数学についての苦手意識の克服はまず計算からということですね。

計算ができれば数学が得意になる

計算分野は数学の生命線です。計算の単元である

正負の数 文字式 方程式 多項式の計算 連立方程式 因数分解 平方根 二次方程式

これらができるようになると、数学は一気に得意科目になります。さらに高校入試でも問題構成はこれらの計算分野だけで、30点から40点の配点があります。数学があなたの大きな武器になってきますね。

計算が苦手の元は小学校での学習

計算の苦手を克服するためには、計算の基本をしっかり身につけなければなりません。苦手の程度にもよりますが、四則計算(+,-,×,÷)がしっかりできるようであれば、理解できていない部分は分数です。私が指導した経験からすると、

●分数どうしのたし算・ひき算のやり方を忘れている人

 通分を忘れているもしくはできない。(小5)  できない場合は公倍数・公約数がわからない。(小5)

●分数と整数の計算になるとわからなくなってしまう

 分数がどんな数なのかを理解できていない。(小4)

2パターンのどちらか、もしくは両方という人が圧倒的に多いです。自分がどれにあてはまるかによって、今一度( )内の学年の参考書などを購入して復習することをおすすめします。分数がわかると現在中学校で学習している計算は格段にできるようになります。

中学1年の学習単元を復習

分数はわかるけど計算が苦手という人は、中学1年で学習した「正負の数」「文字式」が未理解のままという可能性が強いです。

正負の数の用語の意味・計算方法を理解する

文字式の表し方、式の立て方を理解する

上の2つをしっかり復習してください。特に正負の数の用語、文字式の表し方を軽視している場合があります。計算は「式の意味を理解する」ことでもあります。式が何を表しているのかがわからず正確な計算はできません。特に途中式を書かない人でミスを多くしてしまう人はただの「うっかり」ではなく、式の意味をしっかり理解できていないから「うっかり」が出てしまう可能性大です。計算は「慣れ」が必要です。計算ができるようになりたいために難しい計算にトライするよりも、基本的な問題で同類のものが出題されている「ドリル」と言われるものを購入して毎日解いていくことをオススメします。継続は力になります。

2018年09月25日 09:54

結果を気にしないとやる気が上がる!

profile

新松戸のプリモ個別指導塾 塾長の石垣です。もうすぐ中学校では中間テストが行われます。そして1週間もたたないうちにテストの結果が返ってきます。この時の保護者の方のお子さんに対する対応が、お子さんのやる気に大きく影響しているというお話です。

テスト結果に過剰な反応をしない

お子さんがテストの結果を持って帰って来た時、皆さんはどういう対応をしていますか?100点を取ってきたらどうしますか?20点だったらどうでしょう?

実は、良いも悪いも点数に対して過剰な反応をしない事がお子さんのやる気を上げるには重要です。勉強は継続することで学力が伸び結果が出てきます。ですから良い結果を出すためには、お子さんが毎日勉強する事が大事で、やる気もそのために上げるのです。

親の関心はプロセスにあると思わせる

お子さんは親が何に関心があるのかとても敏感に察知しています。

もしも親が結果について過剰な反応をしていると、お子さんは「親は自分のテストの結果に関心がある」と考えます。

この場合、勉強を自発的にはしない子になります。なぜなら親は自分の普段の学習(努力)には関心がなく、結果だけに関心があるのだと考えるからです。

ポイントになるのは、お子さんのテストまでのプロセス・毎日の努力が、最大の関心事であることをお子さんに伝えて行くことが、お子さんのやる気を上げるのです。 

私は生徒たちのテスト結果を知った時、

「○○点取れる努力をしたんだね。がんばったね。でも目標には届いてないから、次のテストまではどうがんばる?」

というような声かけをしています。そして次のテストまでの日々の努力目標を自ら立ててもらい、それを行っている事に最大の賛辞を生徒に伝えます。これを続けると生徒は、普段の学習を自らやり始めるようになるのです。

お子さんの努力が最大の親の関心事。これをお子さんに理解させることがやる気を引き出すのです。

2018年09月24日 08:14

土曜日は特訓だ!!!

IMG_0476

新松戸|プリモ個別指導塾の石垣です。小金中学校・小金北中学校は来週、2学期の中間テストが実施されます。プリモでは、テスト直前の土曜日は「特訓DAY」。

 

 

 

IMG_0479IMG_0480

テスト範囲の総まとめということで、こんな分厚さの問題をがんばって解いていきます。もちろんこの量ですから、1時間やそこらで終わるはずもありません。中学1・2年生は、開始30分で根をあげはじめますが、中学3年生は気合の入り方が違います。

IMG_8671

IMG_0477

みんな黙々と鉛筆を走らせ、がんばっていました。そろそろ受験生としての心構えができてきたかな⁉

本日の強者は、小金中3年のS君。午後1時から10時まで合計9時間!気合入りまくりでがんばってました。その頑張りはきっと結果に返ってくるぞ!

2018年09月23日 09:53

記述(文法)力を上げる英語の勉強法

eigo4_pic

新松戸|プリモ個別指導塾の石垣です。英語の勉強法第3弾です。英語を勉強する上で、文法を理解することは学校の定期テスト・高校入試で重要な部分ですね。英語が母国語ではない私たちにとって、文法は英語を理解する上で大いに役立ちます。でも多くの英語が苦手な子は、実は文法事項のみに頼って英語を理解しているケースが多いのです。英語は言語学習だという根本を忘れ、それが持つ意味がわからないまま文法問題を文の意味を考えずパズルをするように解いています。ですから普段の授業で、学習している文法事項がわかっている時は解けますが、テストでどの文法事項を問われているのかわからない時は、全く解けなくなってしまいます。

英語の問題を解く時は必ず意味を理解しよう

例えば英作文の問題で「彼はピアノを弾く。」を

He is plays the piano.

と答えていたら要注意。英語の意味と英語を全く関連づけて理解できていないからです。おそらくbe動詞の意味が理解できてなく、He is のフレーズが頭にあって、思わずそう書いてしまったのだと思います。英語の文法は全てある意味の文を作るために存在します。問題集などで英語の問題を解く時は、その問題が日本語の意味を問うものではなかったとしても、必ず日本語の意味を調べておきましょう。問題を解くときに、「こういう意味の文を英語で書くときはこの文法」と考えられるようになったら、飛躍的に英語ができるようになります。必ず意味と結びつけましょう。

英語は基本2パターンを覚えればよい

英語の文法事項は基本2パターンです。中学校でよく問われる「肯定・否定・疑問文」を作る上では、be動詞を使う文と一般動詞を使う文の「肯定・否定・疑問文」の作り方さえ覚えていればできます。ここに主語による変化、時制による変化を加えればよいのです。ですから実は中学1年生の9~10月ぐらいまでに学習した内容が、実は最も重要な部分なのです。ですから今、英語が苦手だという子は、是非中学1年にさかのぼってその部分を学習することをオススメします。ぜひ、実践してみてください。

2018年09月21日 10:11

リスニング力を上げる英語の勉強法

eigo3_pic

新松戸のプリモ個別指導塾 塾長の石垣です。英語が苦手な方への勉強法第2弾!今回はリスニング力です。英語の勉強法の中で、一番力を入れたいのがこのリスニング力です。英語圏に生まれれば、最初は親の話す英語を聞きながら覚えます。文法から英語を覚えることはありません。しかし日本では、英会話スクールに通ったり、ご両親が海外(英語圏)の方だったりしない限り、英語を聞く機会が極端に少ないのです。加えて現在の学校・塾の授業では充分なリスニング力は養うことはできません。

リスニング力の養成は聞くことに尽きる

英語の勉強をする時に、リスニング力を養うためにオススメしたいやり方があります。皆さん「教科書ガイド」はご存知ですよね。この教科書ガイドにCDがついているものがあります。教科書本文を英語で話してくれているものが収録されています。少し値段がお高いですがぜひ購入をオススメします。これを聞きながら、自分で後を追って言ってみてください。これを繰り返しましょう。教科書本文を覚えるにも、ただ書くだけよりすぐに覚えることができます。新出の単語もどう発音するのかがわかりますのですぐに覚えられます。

リスニング力は、やらないでいるとすぐに落ちます。常日頃の学習に取り入れていってみてください。

2018年09月20日 15:53

単語力を上げる英語の勉強法

eigo2_pic

英単語はテスト書きで覚えよう

新松戸のプリモ個別指導塾 塾長の石垣です。ここでは、英単語の覚え方について紹介したいと思います。

暗記方法になるので他の教科で暗記しないといけない時にも使えると思います。暗記方法というと個人で色々なやり方がありますね。主に見る派、書く派に分かれると思いますが、私は書く派をオススメします。書いた方が「手が覚える」というのでしょうか、体が覚えてくれます。でも書き方が悪いとなかなか覚えられません。

英単語をおぼえる時、同じ単語を一度に何回も書いて覚えますよね。「10回ずつ書く」とか…。

この書き方(覚え方)はよくやっている方法だと思います。学校の単語を覚えるためのプリント等もこの形式になっていると思います。

でもこの書き方(覚え方)は覚える単語が少ない時は良いのですが、たくさんの単語を覚える時はとても非効率です。ひとつの単語を一度に何回も書いていると、まずひとつの単語を覚えるのに時間を費やします。そして、覚えるべき最後の単語を書いている時には、最初の単語を忘れてしまっているケースがあります。これだといつまでたっても全てを覚えられないし、とても非効率ですよね。

そこでオススメなのが直伝「テスト書き」です。やり方は、

①ノートを4等分にする。

②英語を1列目。その意味を2列目に書く。

③1列目の英語を隠して意味を見ながら3列目に英語を書く。わからなかった英語は全て書き終えた後に1列目を見ながら記入する。

④2列目の日本語(意味)を隠して、3列目を見ながら4列目に意味を書く。

これを全て覚えるまで続けてください。このやり方のポイントは間違えたからといって覚えることにあまり時間を取らず、どんどん繰り返していくことです。この覚え方だと、書いた単語をランダムに覚えていくことになりますから、一度覚えたものを忘れてしまうことはないので、とても効率的です。ぜひ、実践してみてください。

2018年09月20日 15:36

定期テストで80点を取る英語勉強法

eigo1_pic

英語に必要な3つの力

新松戸のプリモ個別指導塾 塾長の石垣です。今回は英語の勉強法についてご紹介!

英語が苦手科目というお子さんはとても多いです。英語を得意科目にする勉強法は3つの力を鍛えていくことです。

1 単語力

2 リスニング力

3 記述(文法)力

これらはとても密接につながっていて、どれか1つでも不足すると英語がわからなくなってきます。現在英語が苦手なお子さんはおそらく上記のひとつ、もしくはいくつかの力が不足していると思われます。学校や塾・家庭教師についての勉強で「単語力」「文法の理解」は充分に行うことができますが、「リスニング力」を養える学習というのはなかなかできないものです。自宅での学習のポイントは「リスニング力」を養うことです。

なぜ3つの力が必要か

例えば英単語を覚える時、あなたはどうやって覚えてますか?アルファベット読みで覚えているのであれば要注意です。子音と母音の組み合わせでどういう音になるのかが理解できていないので、100単語あれば100のアルファベットの並びを覚えないといけません。これではなかなか覚えられませんし、すぐに忘れてしまいます。リスニング力が上がると、新出の単語を学校の先生が発音した音を聞き取ることができ、以前学んだ単語との共通の発音箇所のスペルはわかるのです。ですからすぐに英単語を覚えることができるようになります。

特にリスニング力は、単語力・記述力にも大きく影響します。それぞれの力を上げる勉強法をご紹介しています。ぜひ実践してみてください。

2018年09月20日 08:50

勉強が苦手なお子さんはほめればやる気があがる。

profile

新松戸のプリモ個別指導塾 塾長の石垣です。「勉強が苦手なお子さんのやる気を上げる接し方」としていくつかご紹介していますが、今回は「褒める」について。

 

 

当たり前を褒める

お子さんの勉強のやる気を上げるには、「褒める」事が重要です。

前回ご紹介しましたお子さんを

「認める」⇒「承認」

するには「褒める」ことがとても重要です。 ⇒ 勉強が苦手なお子さんは認めることでやる気が上がるはコチラ

しかし時折、私が教える保護者の方が時折、こんな事を言います。

「ウチの子は、ロクな事をしないから褒めるところがない」と。

下の図を3秒間、見てください。皆さんはどこに興味が向かいましたか?

20180917blog_image

ほとんどの方が円の空いている部分に目線がいってしまったと思います。

人は「特異」な部分に興味・関心がいきがちです。

人は行動の99%は正しい事をしています。

でもその行動が当たり前過ぎて関心を寄せられないのです。そして残りの1%である悪い行為に関心が向かい、つい怒ってしまったりするのです。

私は塾生たちに

「きちんとノートと筆記用具を準備してくれたんだね。ありがとう。」
「今日が先生との授業だって覚えていてくれてありがとう。」

など、当たり前だと思うことに絶大な褒める言葉を言います。

中学生はさすがに「当たり前でしょ。」と恥ずかしがったりしますが、こんな声掛けが彼らのやる気を引き出している事は実感できます。

お子さんが幼少の頃、当たり前の事がひとつずつできるようになってきた頃を思い出してみてください。

こうして当たり前のことを褒め、お子さんを認めてあげることでお子さんは保護者の方々から認められているという実感をもつようになり、それが自分に対しての自信につながり、嫌いな勉強にも向かっていけるようになってきます。

2018年09月17日 09:58